公開日:2021/12/16

介護現場における問題行動とは?適切な認識と対処方法について

現場・悩み

介護現場における問題行動とは?適切な認識と対処方法について
comitaro_confue.jpg
こみたろう

「介護の問題行動はどんなものがあるのか」
「問題行動は、人・現場のケースバイケースで判断軸がないのが普通」

上記が気になる方は必見です。

介護現場における問題行動とは、認知症で起こる症状に由来されるさまざまな行動です。

しかし現在では、問題行動の認識が変化してきました。

問題行動の内容や認識の変化をふまえて、この記事では以下の項目を解説していきます。

・問題行動とはどのような行動か
・問題行動ではなくBPSDという認識になっている背景と理由
・BPSDの症状
・認知症の症状に対する対処方法

記事を読むことで認知症の方に起こる症状や精神状態を理解し、正しく向き合えるようになるでしょう。

無料eBookダウンロード受付中!
コミミ式介護ソフト選定方法

・介護ソフトの候補を1社まで絞り込む方法
・パソコン音痴でも3ヶ月でICTマスターになる方法
・経費を年間240万円以上削減する方法
など、全50ページに渡って詳細に解説!


ダウンロードはコチラ

介護現場における問題行動とは?

介護現場では認知症の方に見られる以下の行動が問題行動とされています。

・徘徊(目的もなく歩き回ること)
・見当識障害(時間・場所・人物に関する見当識が失われること)
・暴言・暴力
・情緒不安定 など

夜中に突然外に出て行方がわからなくなってしまったり、見当識障害により今が昼間なのか夜なのかさえもわからなくなったりします。

これらの行動は、認知症の中核症状によって不安定になってしまう精神状態から生まれる行動です。

認知症の方も意図的に行動しているわけではありません。

そのため、問題行動という呼び方は認知症の方目線ではなく、介護する側の偏見という見方もできます。

現在では問題行動のことを、認知症の行動、心理症状(BPSD)と呼ばれるようになりました。

ここからは、BPSDについてくわしくみていきましょう。

現在は「問題行動」ではなく「BPSD」としての解釈が正しい

BPSDとは、認知症の行動心理症状(Behavioral Psychological Symptoms of Dementia)のことです。

BPSDと呼ばれる前は、はじめに認知症の中核症状とされる見当識障害などがあらわれた後、情緒不安定などの周辺症状がみられる概念でした。

しかし、初期の認知症でも中程度の進行で起こる症状がみられる人もいます。

認知症の段階ごとではなく、人や環境によって症状のあらわれ方が違うため、問題行動ではなくBPSDと呼ばれるようになりました。

認知症によって判断力が低下し、適切な判断を瞬時に下すことがむずかしくなります。

介護者とのかかわり方次第でBPSDの症状があらわれることもあるのです。

たとえば、親切心から体を支えようと思い手を回すといった行為も気をつけなければいけません。

認知症の方からすれば、とっさのできごとに対処できず「襲われそうになった」と感じてしまう場合もあるからです。

このような場合に、初期の認知症でもBPSDの症状がみられます。

環境や人によって起こるBPSD症状をおさえるには、自分の行為が認知症の方からみるとどのように感じるのか?を考えてみることが大切です。

 関連記事 認知症の初期症状対応ケース!利用者の対策まで徹底解説

BPSDの主な症状

BPSDは中核症状に加えて、環境や心理状況が影響して症状があらわれます。

BPSDの症状は、問題行動とされてきた徘徊や暴力行為などがあります。

BPSDを引き起こす要因は家族や介護者の言動や行動です。

認知症の方からすると、当たり前にできていたことができなくなる場合もあります。

たとえば、認知症の影響で着替えが思い通りにできない場面を考えてみましょう。

本人にとっては「着替えたいのに思い通りにできない」というジレンマが生まれます。

この精神状態のときに認知症になる以前と同じように「まだ着替え終わらないの?」といった言葉を投げかけてしまうとどうでしょうか?

本人からすると「着替えたくてもできないんだ」という気持ちになるでしょう。

このようなことが、ただでさえ認知症で不安定な精神状態に大きな影響を及ぼしてBPSDの症状があらわれてしまいす。

また、BPSDの症状があらわれても本人の人格のすべてが変わってしまうわけではありません。

BPSDによって無意識に症状があらわれて、覚えていないだけということもあります。

根底にあるもともとの人格を尊重し、BPSDによる症状だと理解して向き合うことが大切です。

BPSDはすべての人がなるわけではない

BPSDは環境が大きく影響することから、すべての人に症状がでるわけではありません。

そのため、関わり方が大切だといえるでしょう。

BPSDの症状には、症状に至った原因があります。

たとえば徘徊にしても、徘徊する原因があります。

なぜ徘徊するに至ったのか?原因に対処するようケアしていくことで認知症の人に届くケアができるでしょう。

また、正しいケアをしていくとBPSDの症状が出る可能性をおさえられるともいえます。

 関連記事 高齢者向け脳トレのクイズ15選!認知症予防レクリエーション

介護する人は「問題行動」をどのように捉えるべきなのか?

BPSDが人の関わり方や環境が影響することからも、介護する人が認知症の行動をどう捉えて向き合うかが大切です。

問題行動がおきたときの捉え方として、おさえておくべき以下5つのポイントがあります。

・薬の影響はないか
・身体的疾患があるか
・認知症のほかに精神疾患はあるか
・環境に要因はないか
・心理的要因はないか

たとえば、年齢を重ねると薬の服用量が多くなる傾向です。

服用している薬が原因でBPSDの症状があらわれる事例もあります

認知症でみられる行動の原因になる可能性を探ることで、問題行動とされる症状が和らぐ場合もあるのです。

そのため、介護者は適切な対処方法を知っておく必要があります。

ここからは、問題行動と中核症状に対する対処方法についてみていきましょう。

「問題行動」に対する適切な対処方法は?

問題行動に挙げられる暴力や暴言の対処方法について解説します。

認知症の方が暴力や暴力行為をしてしまう原因の多くは、複数の要因が重なってしまうときです。

不安定な精神状態のときに、目の前の状態に対処できなくなってしまうことが重なって、行為に及ぶ可能性があります。

認知症の方は、前頭葉が萎縮してしまうことから、冷静に感情をコントロールすることがむずかしくなっています。

感情をうまく制御できずに興奮して、自分の意思とは関係なく不安衝動にかられてしまうのです。

このときに「大丈夫?」と気遣う言葉をかけても、認知症の症状があると「怒鳴られた」と認識してしまい、暴言や暴力に発展する可能性があります。

冷静な判断ができなくなっているため、暴力や暴言に対しておさえこんだり、言葉で落ち着かせようとしたりしない方が賢明です。

距離をおいて行為に発展した要因を考えてみましょう。

本人も認知症の影響で意図的に暴力行為に及んでいるわけではありません。

自分ではどうしようもない現状に向き合えなくなっているのです。

否定せず肯定的に対話をして、本人のプライドを傷つけないようにしながらリラックスさせましょう。

 関連記事 認知症の初期症状対応ケース!利用者の対策まで徹底解説

「中核症状」に対する適切な対処方法は?

認知症の中核症状における見当識障害や記憶障害が原因とされる、徘徊と妄想に対する対処方法について解説していきます。

はじめに徘徊で考えられる原因は多岐にわたり、徘徊自体をなくすことはむずかしいと認識しておきましょう。

見当識障害や記憶障害によって、帰る場所の認識ができなくなり、なんとか帰ろうと歩き回ってしまうといったこともあります。

妄想で比較的多くみられる症状にもの盗られ妄想があります。認知症の影響で、自分のもの忘れを認知できません。

そのため、ものがなくなると「盗まれてしまった」と判断してしまいます。

認知症の方にとって、徘徊も妄想も悪気があってするものではありません。

悪気がないことを疑われたり否定されたりしてしまったら、誰でもよい気分にはならないでしょう。

まずは本人の話をじっくりと聞くことが大切です。

 関連記事 認知症・介護の理解を深める映画10選

まとめ|高齢者の「想い」と「意図」を汲み取ろう

ここまで認知症の方にみられる行動について解説してきました。

まずは環境や人とのかかわりで起こるBPSDや、認知症の中核症状を理解することが大切です。

認知症の場合、無意識に本来の自分とは違う感情や考えをしてしまうことがあります。

症状が表にあらわれていないときに心の内を聞けることもあるでしょう。

しかし、聞くためには日ごろのコミュニケーションが必要不可欠です。

そして、想いや考えを聞けたならば職場や家族に共有しましょう。

本心が理解できれば認知症の症状と闘っているのだとわかり、向き合い方も変化していきます。

無料eBookダウンロード受付中!
コミミ式介護ソフト選定方法

・介護ソフトの候補を1社まで絞り込む方法
・パソコン音痴でも3ヶ月でICTマスターになる方法
・経費を年間240万円以上削減する方法
など、全50ページに渡って詳細に解説!


ダウンロードはコチラ

無料の相談承ります!

無料で介護ソフトやシステムの課題解決や業務効率化をご支援させていただきます。
まずは資料請求かお問合せください。

60秒で介護ツールをかんたん比較!

資料・体験版を一括請求する

資料・体験版を一括請求するツールを
お選びください

この記事の筆者

  • 介護のコミミ編集部

    介護のコミミにはICTツールに関する情報が多数掲載されています。役に立つ記事も更新してきますので、ブックマーク登録をよろしくお願いいたします。

介護のコミミとは初めてご利用される方へ

介護のコミミは介護・福祉業界の介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのシステム/サービスを口コミ比較・資料請求ができるサイトです

「福祉であふれる世界」をコンセプトに介護のコミミは生まれました。超少子高齢社会の日本において、介護・福祉業界の働き手不足は深刻な問題です。また、介護業界は3年に一度、福祉業界は毎年行われる法改正に対応するために事業所の運営を見直す必要があります。そのため、厚生労働省が推進しているように、介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのようなITサービス/システムを導入し介護福祉現場の「業務改善」がなされなければ、働き手不足、法改正などの課題解決は困難です。介護のコミミは介護福祉業界に特化したITサービス/システムを掲載しています。例えばソフト導入時に、100種類以上のソフトから比較検討し、貴社の課題を解決できるのかを確かめることができます。第三者機関として公正公平な立場だからこそ、様々なサービス/システムを選び、無料で、しかも一度に多くの資料を手に入れることができるのは介護のコミミの強みです。日々の業務がお忙しい、介護福祉業界の皆様のために最短で最高のITサービス/システムとのマッチングをサポートさせていただきます。

本音の口コミとソフト/システムランキングがITサービスの価値を「見える化」させます

介護ソフトだけでも80社以上のメーカーが存在し、様々な課題解決ができる事実を知っている方は介護福祉業界では多くありません。コロナ禍で大きく飛躍したITサービス/システムは、きっと貴社の問題をクリアにすることができます。サービス/システムを選ぶ際は、介護のコミミの「本音の口コミ」をご活用ください。日本最大級の口コミ数は、実際の現場で働かれている職員さまからいただいているものです。その口コミをもとにサービス/システムの「ランキング」を作成しております。サービス/システムのミスマッチが起きないように、まずは情報収集のため人気のものを資料請求してみましょう。

60秒で介護ツールをかんたん比較!

資料・体験版を一括請求する

資料・体験版を一括請求するツールを
お選びください

現在 件の資料が請求リストにあります。