無料で使える介護ソフトはある?有料版との違いを比較!

介護ソフトの選び方

無料で使える介護ソフトはある?有料版との違いを比較!
comitaro.jpg
こみたろう

介護ソフトの費用は様々だけど無料のものは機能は十分なのだろうか?
介護ソフトって無料版でも十分に使えるのかな?

このようなお悩みにお答えしていきます。

介護ソフトは介護業務を効率化するために欠かせないものです。

介護保険制度に対応する介護ソフトには、さまざまな種類や機能を備えたものがあります。

介護ソフトに無料版があれば経費削減になるので使いたい、という事業所も多いのではないでしょうか。

この記事では、無料で使える介護ソフトの種類、メリットやデメリット、有料版とはどのように違うのかを解説します。

事業所ごとの介護ソフトの選び方も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

2.事業所ごとに合わせた介護ソフトの選び方

3.まとめ

無料で使える介護ソフトはある?

事業所が無料で使える介護ソフトはありますが、有料の介護ソフトに比べると使える機能は大幅に限定されています。

無料の介護ソフトには大別すると3つのタイプがあるので、それぞれの違いや使える機能などを知っておきましょう。

完全に無料で使える介護ソフトは、主にクラウド型です。

一部が無料で使える介護ソフトは、限定的な機能が使えるなどソフトによって異なるサービスを提供しています。

また、一定期間無料で利用できる体験版の介護ソフトもあります。

完全無料介護ソフトのメリット・デメリット

完全無料の介護ソフトは、導入するための初期費用や機能などをすべて無料で使えるソフトです。

主にインターネットから事業所のパソコンにダウンロードして利用します。

そのため、手間がかからず簡単に導入することが可能です。

利用料がかからないため、限られた予算で介護保険制度に対応できるメリットも大きいでしょう。

完全無料介護ソフトのデメリットは、使える機能が限られている点です。後から不足している機能を追加する必要が出てくる可能性もあります。

また、専用のサポートデスクが用意されていないなど、サポート体制が充実していない場合もあるので注意が必要です。

一部無料介護ソフトのメリット・デメリット

一部無料介護ソフトは、無料で利用できる範囲が限られているソフトです。

たとえば、ソフトの機能は無料で使えても、登録費用がかかる一部無料介護ソフトもあります。

また、機能は無料で利用できますが、介護報酬の請求機能や改定のアップロードは有料、という場合もあります。

基本的な機能を無料で使うことができるのは一部無料タイプのメリットで、事業所ごとに必要な機能を取捨選択しやすいでしょう。

一方で、使える機能が限られているため、無料の機能だけでは足りないことに後から気付いた場合には、必要に迫られて有料機能を開放しなければいけないことも多いので注意が必要です。

無料体験介護ソフトのメリット・デメリット

無料体験版介護ソフトは、サービスを提供する介護ソフト会社が定める条件でソフトを無料体験できるものです。

体験期間は数日から数カ月などがあり、無料体験できる機能内容もさまざまなケースがあります。

無料体験版では、有料版の一部機能をお試しで使うことができるのがメリットです。

複数の介護ソフトを比較検討したい場合には、導入前に実際の使用感を確かめられるでしょう。

無料体験版は導入時に体験利用で登録したデータをそのまま使えることも多く、新しく設定し直す手間もありません。

ただし、製品版の契約をしなければ長期間の利用はできない点や、すべての機能を使用することはできない場合も多いのがデメリットです。

無料介護ソフトと有料介護ソフトの違い

無料介護ソフトと有料介護ソフトの一番の違いは、利用できる「機能面」です。

無料版の場合はひとつの機能に特化しているのが特徴で、有料版では多くの機能を利用できます。

限られた機能しか使えないことが多い無料版を利用するなら、対応可能なサービスをきちんと確認する必要があるでしょう。

介護ソフトは7割近い介護事業所が導入済みです。

厚生労働省のデータとトップシェアを誇る3社のソフトを比較しただけでも、約30%の事業所が有料ソフトを利用しています。

介護ソフトが未導入であった、または無料ソフトを利用していたとしても、機能性の高い有料ソフトの必要性に迫られている事業所が3割程度あることがわかります。

無料のソフトの場合は、サポート体制が十分でない場合が多い点も大きな違いです。

電話やメールなど簡単なサポートのみなので、使用時の不安は残りやすいでしょう。

また、個人情報を扱う介護事業所で大きな懸念材料となりやすいセキュリティ対策も、事業所任せになってしまいます。

パソコンのスキルが一定以上必要になる場合も多いので注意が必要です。

comitaro.jpg
こみたろう

無料版の介護ソフトは、使いづらかったり、機能が足りなくて別のソフトと併用しなくちゃならなかったりして結果的に多くの手間がかかる場合があるよ。

こみすけ

業務効率化したいからツールを使っているのに手間が増えちゃ本末転倒だな。

 関連記事 【独自調査】介護ソフトのICT化状況をアンケート【○○を導入しているところは満足度が高い】

事業所ごとに合わせた介護ソフトの選び方

介護ソフトは、事業所の規模や事業ごとの業務状況、用途などに合わせて選ぶ必要があります。

費用がかからないという理由だけで無料や安価な介護ソフトを導入しても、業務に必要な機能が搭載されていなければ活用できません。

反対に高額・高機能の介護ソフトにした結果、使いこなせなくて活用できないという可能性もあります。

事業所が提供している介護サービスに必要な機能を明確にしてから、介護ソフトの機能を確認して選んでいきましょう。

介護ソフトの選び方に関して詳しく解説した記事が介護のコミミで公開されています。

そちらも一読して頂けると幸いです。

無料版介護ソフトが最適な事業所

事業所の規模が小さい場合や、行っている事業に必要なのが特定の少数機能であれば、無料介護ソフトでも十分対応可能な場合もあります。

また、すでに導入している介護ソフトの機能に不足がある場合などに、無料の介護ソフトで機能を補うのもひとつの方法です。

ただし、無料版介護ソフトはサポート体制やセキュリティ対策が十分でないことも多い点には注意が必要です。

利用する方がパソコンの操作やソフトに慣れているなら、サポート体制が不十分でもそれほど不安にならずに利用できるでしょう。

しかし、パソコンスキルが十分にない場合には、困ったときにすぐに対応してくれる細やかなサポート体制は欠かせません。

無料ソフトを使うときには、必要な対策を事業所内でしっかり取れる場合に限ります。

特に注意が必要なのはセキュリティ面で、情報漏洩などがあると社会的な信用を失う可能性もあるので対策をおろそかにはできません。

無料版介護ソフトは、十分にセキュリティ対策ができるような高いスキルがある事業所に向いています。

無料ですぐに導入できる無料版介護ソフトですが、それだけに事業所ごとのパソコンスキルなどの状況に合わせて慎重に選ぶようにしましょう。

comitaro.jpg
こみたろう

小規模事業所や介護ソフトに求める機能が最小限でいい場合に無料版介護ソフトは向いているよ。
ただし今後事業規模が大きくなる見通しの場合は、無料版だと機能に限界があるし最初から有料版を使った方がデータ移行の手間も省けるかもね。

 関連記事 【介護ソフト】変更時の課題 データ移行やコスト感に関して

有料版介護ソフトが最適な事業所

有料版介護ソフトは機能が充実しているので、さまざまな面での業務効率化を図ることができます。

たとえば、記録作業や請求作業の効率化が実現し、作業時間が半減するなどの効果が期待できます。

規模が大きい事業所や作業をより効率化させたい事業所、介護サービスの種類が多い事業所などは有料版介護ソフトの導入をおすすめします。

また、介護ソフトをまだ導入していない層で特に重視すべきなのが「サポート体制」です。

初めての介護ソフト導入にあたって、専用のサポートデスクが設置されているなどの十分なサポート体制があれば安心できます。

有料ソフトはサポート体制が充実しているので、初めて介護ソフトを導入する事業所に向いています。

一定以上の予算がある事業所の場合は、無料ソフトよりも作業の効率化に役立つ高機能の有料ソフトを導入して活用しましょう。

有料ソフトは介護報酬改定などの変化にも素早く対応できるため便利です。

有料ソフトにはさまざまな種類があり、どれを選べばよいのか迷ってしまいがちです。

各社ソフトの比較検討をするなら「介護のコミミ」をおすすめします。

実際に利用した介護職員の口コミや満足度も確認できるので、参考にしながら比較検討することが可能です。

介護のコミミでは介護ソフトの選び方に関してのノウハウを詰め込んだ無料ebookを公開中です。

是非ご活用いただければ幸いです。

comitaro.jpg
こみたろう

介護報酬改定などの法改正対応の為に介護ソフトの仕様も変わったりするから、サポートが充実していれば安心して使い続けることができるよ。

無料eBookダウンロード受付中!
————————————————–


・介護ソフトの候補を1社まで絞り込む方法
・パソコン音痴でも3ヶ月でICTマスターなる方法
・経費を年間240万円以上削減する方法
など、全50ページに渡って詳細に解説!

【無料】ダウンロードはコチラ

有料版を購入する前に体験版でお試し!

事業所の介護サービスに合う有料ソフトを選んだ場合でも、導入後に製品情報を見ただけでは詳しい機能がよくわからないことも少なくありません。

事業内容や使う方にマッチするのかは、導入する前に体験版で使い勝手などを試してみるのがおすすめです。

その際には、事業所が必要とする機能とソフトの機能が合っているのかを十分に比較すると良いでしょう。

体験版では実際にソフトの機能が利用できるため、導入後に機能が不足して後々追加するなどの事態を防ぐことも可能です。

体験版では2~3カ月程度の期間を設けている場合も多くなっています。

そのあいだに介護保険業務を一通り行い、しっかりソフトの操作性などを確認できます。

また、体験版を利用しているあいだに、製品を導入した場合の価格と予算についても算出するなどの計画も可能です。

パソコンやネットなどの導入環境の確認もできるため、購入してからのミスマッチも避けられるでしょう。

介護のコミミでは、有料版介護ソフトの資料を一括して請求できます。

多忙な介護職員の方が、多種多様な介護ソフトから事業所に合うものを選ぶのは大変な作業です。

一括資料請求なら、余計な時間や手間を減らして適切な介護ソフトを選択できるでしょう。

また、介護ソフトやICTツール導入にお悩みの方は、介護ICTアドバイザーによる無料相談支援を行っております。

この際にぜひ介護ソフトの一括資料請求と介護ICTアドバイザーによる相談支援をご活用いただければ幸いです。

 

まとめ

無料介護ソフトにも有用なものはありますが、業務効率の改善を考えているなら有料版のほうが適切です。

無料だからといって安易に導入した結果、機能面の不足など事業所のニーズを満たすことができない可能性もあります。

有料介護ソフトの場合は一定の費用が発生するものの、業務効率化が進めば結果的にはソフト導入費以上の費用削減が期待できます。

費用をできるだけ抑えたいという方は、一定の条件を満たせば国や自治体が実施しているICT補助金制度を活用することができますので、介護ソフトやICTツールを導入する際は活用するといいでしょう。

数ある有料介護ソフトのなかから適切なものを選ぶために、口コミを参考にしながら介護のコミミの一括資料請求をご利用ください。

 関連記事 【各都道府県】ICT補助金・介護ロボット補助金【最新版2021年】

参考:厚生労働省「介護現場におけるICTの利用促進

介護ソフト比較して一括資料請求
〜本音の口コミが失敗を防ぎます〜
————————————————–

当サイトの記事をお読み頂いても疑問が解決しない場合には、下のボタンから介護ソフトの口コミ比較と一括資料請求をおすすめします。複数の資料比較で「強み」がわかり、本音の口コミ比較で「弱み」がわかります。登録不要・完全無料ですのでお気軽にご利用ください。多くの介護職員が資料請求からスタートしています! 

【無料】一括資料請求はコチラ

 

【2021年最新】介護ソフト口コミ人気ランキング26選!

 【介護ソフト】シェア比較ランキング10選!大手分析、比較検討

 【介護ソフト】95種類!基礎知識から選び方まで徹底解説!

 

この記事の筆者

  • 介護のコミミ編集部

    介護のコミミにはICTツールに関する情報が多数掲載されています。役に立つ記事も更新してきますので、ブックマーク登録をよろしくお願いいたします。

介護のコミミとは初めてご利用される方へ

介護のコミミは介護・福祉業界の介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのシステム/サービスを口コミ比較・資料請求ができるサイトです

「福祉であふれる世界」をコンセプトに介護のコミミは生まれました。超少子高齢社会の日本において、介護・福祉業界の働き手不足は深刻な問題です。また、介護業界は3年に一度、福祉業界は毎年行われる法改正に対応するために事業所の運営を見直す必要があります。そのため、厚生労働省が推進しているように、介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのようなITサービス/システムを導入し介護福祉現場の「業務改善」がなされなければ、働き手不足、法改正などの課題解決は困難です。介護のコミミは介護福祉業界に特化したITサービス/システムを掲載しています。例えばソフト導入時に、100種類以上のソフトから比較検討し、貴社の課題を解決できるのかを確かめることができます。第三者機関として公正公平な立場だからこそ、様々なサービス/システムを選び、無料で、しかも一度に多くの資料を手に入れることができるのは介護のコミミの強みです。日々の業務がお忙しい、介護福祉業界の皆様のために最短で最高のITサービス/システムとのマッチングをサポートさせていただきます。

本音の口コミとソフト/システムランキングがITサービスの価値を「見える化」させます

介護ソフトだけでも80社以上のメーカーが存在し、様々な課題解決ができる事実を知っている方は介護福祉業界では多くありません。コロナ禍で大きく飛躍したITサービス/システムは、きっと貴社の問題をクリアにすることができます。サービス/システムを選ぶ際は、介護のコミミの「本音の口コミ」をご活用ください。日本最大級の口コミ数は、実際の現場で働かれている職員さまからいただいているものです。その口コミをもとにサービス/システムの「ランキング」を作成しております。サービス/システムのミスマッチが起きないように、まずは情報収集のため人気のものを資料請求してみましょう。

60秒で介護ツールをかんたん比較!

資料・体験版を一括請求する

資料・体験版を一括請求するツールを
お選びください

現在 件の資料が請求リストにあります。