育成コスト軽減!? 動画マニュアルがある介護ソフト一覧

介護ソフトの選び方

育成コスト軽減!? 動画マニュアルがある介護ソフト一覧
comitaro.jpg
こみたろう

介護ソフトのマニュアルってどんなもの?
動画で説明してくれるマニュアルが欲しい

このように思っている方も多いのではないでしょうか。

ケアプランの作成や、介護サービスの記録、介護保険請求など、複雑で多岐に渡る介護の仕事。

そのサポートをしてくれる介護ソフトは、多くの介護事業所で業務に欠かせない存在となっています。

しかし、せっかくの介護ソフトも使いこなせなければ役に立たないばかりか、手間を増やしてしまうことになりかねません。

操作に迷ったときにいつでも確認できるマニュアルが必要不可欠です。

この記事では、各介護ソフトメーカーの情報をもとに、介護ソフトの動画マニュアルや、Youtubeチャンネルのある介護ソフトメーカーなどについて紹介していきます。

 

介護ソフトのマニュアルはどのようなものがある?

マニュアル

介護ソフトのマニュアルは、「紙媒体」「電子媒体」「電話やメールによるサポート」などがあります。

この項目では、各マニュアルの特徴を紹介します。

紙媒体

紙媒体のマニュアルとは、家電などの取扱説明書と同様に冊子になっているタイプです。

年齢を問わず誰でも受け入れやすいため、事務所に1冊置いておけば必要なときに手に取ってすぐに読むことができます。

書き込みが可能な点や、必要な情報にたどり着きやすく、自分が読むペースで確認できる点もメリットです。

デメリットとしては、保管場所が必要で、検索しにくいことや、紛失しやすいことなどがあげられます。

電子媒体

電子媒体のマニュアルとは、付属のCDやメーカーのホームページからインストールするものです。

一度パソコンにインストールすれば、冊子のように保管しておく必要はありません。

マニュアルのURLを共有することにより、多くの人が一度にマニュアルを読むことも可能です。

デメリットとしては、書き込みができないことや、デバイスが必要なこと、使うデバイスの画面が小さいと見づらいことなどがあげられます。

電話やメールによるサポート

電話やメールによるサポートとは、メーカーが用意した専用の電話番号やメールフォームに直接問い合わせをする方法です。

直接アクセスできるため、疑問をピンポイントで質問でき、問題を解決しやすい点がメリットといえるでしょう。

デメリットとしては、電話がつながりにくいことや、メールの返信に時間がかかることなどがあげられます。

例え万全なサポート体制でも欠点がある

悩む介護士

介護ソフトメーカーの中には、手厚いサポートを売りにしているメーカーが少なくありません。

ソフトの操作に不安があったり、トラブルが発生したりしたときに、サポート担当者と直接話ができるため、安心感は大きいでしょう。

しかし、営業時間外には問い合わせができなかったり、回線が込み合っていて電話がつながりにくかったりするケースも多く、本当に必要なときにサポートが受けられない可能性もあります。

「介護ソフトの機能を聞くために、毎回サポートセンターに連絡するのは気が引けるし面倒だ」という人もいるかもしれません。

手軽さに欠ける点は、デメリットといえるでしょう。

介護ソフトメーカーによっては、動画や電子媒体でのマニュアルを充実させ、積極的に利用している場合があります。

動画マニュアルは視覚的に操作を学ぶことができるため、それまでほかのスタッフが担っていた人材育成の一部をソフトに任せるなど、育成コストを削減できる可能性が高いです。

介護ソフトを選ぶ際には、動画マニュアルがあるものを選ぶとよいでしょう。

動画のマニュアルがあるメリット

merit

動画のマニュアルの強みは、文字やイラスト、写真では分かりづらい「動き」を確認できる点です。

介助の手順や細かな動作、事務作業・書類作成の手続き方法などを動画で見て理解を深め、実際の介護サービスや事務処理に生かすことができます。

スタッフ不足が叫ばれ、人材育成に時間を割くことが難しい介護の現場で、動画マニュアルが担う役割は大きなものになるでしょう。

また、スマートフォンやパソコンを使って、移動中や自宅で見れる点もメリットです。

例えば、仕事中にうまく介助できなかった場合、該当する箇所の動画を空き時間に繰り返し再生して学ぶこともできます。

こうしたメリットは、他媒体のマニュアルにはない動画マニュアル特有のものです。

YouTubeでチャンネル運用している介護ソフトメーカー

YouTubeで公式チャンネルを運用し、介護ソフトのマニュアルや介護に関する法改正などの情報を発信している介護ソフトメーカーを3社紹介します。

NDソフトウェア株式会社

ほのぼのNEXT

1つ目は、介護ソフトの「ほのぼのNEXT」を提供している「NDソフトウェア」の公式チャンネルです。

厚生労働省がすすめる「科学的介護情報システム(LIFE)」や「IT導入補助金」についての説明、自社製品紹介、導入事例についての情報を見ることができます。

そのほかにも、介護分野で広がる最先端のITに関する情報を「NDSTV」として発信しており、「介護事業所で高評価・美味しい非常食おすすめ5選」「介護施設の面会でテレビ通話が広がる!遠方のご家族様とも繋がれるIT面会の運用事例とは?」といった介護に関する幅広い情報が公開されています。

毎月のように動画が公開されているため、最新の情報を入手しやすい点が特徴です。

株式会社ワイズマン

ワイズマンの介護ソフト

2つ目は、電子カルテや介護ソフトの開発を行う「株式会社ワイズマン」の公式チャンネルです。

介護報酬改定など法律に関する話題や、ケア記録支援ソフト「すぐろく」や、情報共有・非対面型コミュニケーションツール「MeLL+(メルタス)」の紹介、導入事例などを動画で紹介しています。

ワイズマンでは無料のWebセミナーを定期的に開催しており、その予告編をYoutubeで見ることも可能です。

 

 関連記事 【介護ソフト】ワイズマンの特徴や評判を徹底解説!

株式会社エス・エム・エス

カイポケ

3つ目は、介護ソフト「カイポケ」の公式チャンネルです。

カイポケを利用して「国保連請求管理」「利用者別予実登録」「他社ケアマネ登録」などを行う際の動画マニュアルが公開されています。

実際の操作画面を使い、どのように登録作業をすればよいかの手順を動画で紹介しているため、操作が一目瞭然です。

導入を検討しているなら、事前に確認してイメージをつかんでおくとよいでしょう。

介護ソフトのYoutube公式チャンネルでは、介護の現場で働く人たちの参考になるようなさまざまな情報を公開しています。

事務作業や介助について、法改正についてなど、役に立つ内容が多いため、チェックしてみるとよいでしょう。

 

 関連記事 無料体験あり!カイポケの料金・評判・口コミとは

すべての介護ソフト公式チャンネルで動画マニュアルが公開されているわけではありませんが、自社サイトなどで動画マニュアルの配布をしている場合もあります。

詳細については、各メーカーに問い合わせて確認してください。

何度も見直し可能!理解を深めるなら「動画マニュアル」が便利

介護ソフトのマニュアルには、紙媒体、電子媒体、動画など、いくつかの種類があります。

いずれもメリット、デメリットがありますが、ソフト自体の使い方や、書類の作成方法、介助の手順、細かい動作については、動画マニュアルが最も正確で分かりやすいといえるでしょう。

人手不足が原因で、ソフトの導入や人材育成に時間を割くことが難しい場合でも、動画マニュアルを視聴すれば、理解を深めることができます。

何度も見直すことで、ソフトの操作や介助技術の習熟度を上げることも可能です。

介護ソフトメーカーの中にはYoutubeの公式チャンネルや、自社ホームページなどで動画マニュアルを公開しているところもあります。

介護ソフトを選ぶ際には参考にするとよいでしょう。

また、厚生労働省は動画でのe-ラーニングを推奨しており、介護ソフト以外でも動画マニュアルがない場合は、各事業所にあったマニュアル動画の作成をするのも一つの手でしょう。

参考:
厚生労働省:厚生労働省動画チャンネル(YouTube)
厚生労働省:介護分野における生産性向上e-ラーニング

介護ソフト比較して一括資料請求
〜本音の口コミが失敗を防ぎます〜
————————————————–

当サイトの記事をお読み頂いても疑問が解決しない場合には、下のボタンから介護ソフトの口コミ比較と一括資料請求をおすすめします。複数の資料比較で「強み」がわかり、本音の口コミ比較で「弱み」がわかります。登録不要・完全無料ですのでお気軽にご利用ください。多くの介護職員が資料請求からスタートしています! 

【無料】一括資料請求はコチラ

【2021年最新】介護ソフト口コミ人気ランキング26選!

 【介護ソフト】シェア比較ランキング10選!大手分析、比較検討

 【介護ソフト】95種類!基礎知識から選び方まで徹底解説!

 

この記事の筆者

  • 介護のコミミ編集部

    介護のコミミにはICTツールに関する情報が多数掲載されています。役に立つ記事も更新してきますので、ブックマーク登録をよろしくお願いいたします。

介護のコミミとは初めてご利用される方へ

介護のコミミは介護・福祉業界の介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのシステム/サービスを口コミ比較・資料請求ができるサイトです

「福祉であふれる世界」をコンセプトに介護のコミミは生まれました。超少子高齢社会の日本において、介護・福祉業界の働き手不足は深刻な問題です。また、介護業界は3年に一度、福祉業界は毎年行われる法改正に対応するために事業所の運営を見直す必要があります。そのため、厚生労働省が推進しているように、介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのようなITサービス/システムを導入し介護福祉現場の「業務改善」がなされなければ、働き手不足、法改正などの課題解決は困難です。介護のコミミは介護福祉業界に特化したITサービス/システムを掲載しています。例えばソフト導入時に、100種類以上のソフトから比較検討し、貴社の課題を解決できるのかを確かめることができます。第三者機関として公正公平な立場だからこそ、様々なサービス/システムを選び、無料で、しかも一度に多くの資料を手に入れることができるのは介護のコミミの強みです。日々の業務がお忙しい、介護福祉業界の皆様のために最短で最高のITサービス/システムとのマッチングをサポートさせていただきます。

本音の口コミとソフト/システムランキングがITサービスの価値を「見える化」させます

介護ソフトだけでも80社以上のメーカーが存在し、様々な課題解決ができる事実を知っている方は介護福祉業界では多くありません。コロナ禍で大きく飛躍したITサービス/システムは、きっと貴社の問題をクリアにすることができます。サービス/システムを選ぶ際は、介護のコミミの「本音の口コミ」をご活用ください。日本最大級の口コミ数は、実際の現場で働かれている職員さまからいただいているものです。その口コミをもとにサービス/システムの「ランキング」を作成しております。サービス/システムのミスマッチが起きないように、まずは情報収集のため人気のものを資料請求してみましょう。

60秒で介護ツールをかんたん比較!

資料・体験版を一括請求する

資料・体験版を一括請求するツールを
お選びください

現在 件の資料が請求リストにあります。