社会福祉法人で会計システム導入は必要?おすすめシステムも紹介

介護ソフトの選び方

社会福祉法人で会計システム導入は必要?おすすめシステムも紹介
笑顔のこみたろう
こみたろう

社会福祉法人の会計作業って独特で複雑!

そんな悩みを軽減してくれるソフトもあるよ!

社会福祉法人を運営している方で、会計作業はどのように実施していますか?

もし会計作業の手続きが煩雑で大変というのであれば、会計システムの導入を検討してみると良いかもしれません。

社会福祉法人は従来の企業会計とは異なり、社会福祉法に則った会計を行う必要があるため、専用のシステムを導入することで、作業負担を大幅に短縮することが可能です。

またここでは福祉会計に役立つ介護ソフトについてもピックアップしましたので参考にしてください。

介護ソフト比較して一括資料請求!

〜本音の口コミが失敗を防ぎます〜

当サイトの記事をお読み頂いても
疑問が解決しない場合には、
下のボタンから介護ソフトの口コミ比較と
一括資料請求をおすすめします。
複数の資料比較で「強み」がわかり、
本音の口コミ比較で「弱み」がわかります。
登録不要・完全無料ですので
お気軽にご利用ください。
多くの介護職員が
資料請求からスタートしています!

最短60秒!無料でかんたん検索

介護ソフトを一括資料請求する

社会福祉法人が専用の会計システムを導入する理由

はてなマークと疑問に思っている人々

結論から言いますが、社会福祉法人で運営を円滑に進めたければ、専用の会計システムを導入したほうが良いでしょう。

社会福祉法人は企業会計とは異なる基準に則った処理が必要になるからです。

専用のシステムを導入すれば、その辺の得意な部分にも配慮しているので正しい会計作業が期待できるからです。

なぜ導入すべきかの理由について以下で詳しく見ていきますので、参考にしてください。

社会福祉法人会計基準に依拠した会計管理が必要に

社会福祉法人は社会福祉法に則って運営しなければなりません。

社会福祉法には会計基準に関する規定も記載されています。

会計基準は当初「通知」という形で示されていました。

しかし平成28年3月に社会福祉法が改正されました。

その中で、厚生労働省令の中で「法令」に格上げされる形になりました。

その結果、社会福祉法人すべてが守らなければならない会計の決まりになったわけです。

公共性の高い社会福祉法人は、財産や経理に関する資料を適正に情報公開することが必須と考えられているためです。

ですから適切に会計管理を行う必要があり、そのためには専用ソフトを導入する必要性が今まで以上に高まってきたといえます。

参照:社会福祉法人に求められる会計管理体制 – 岡本尚樹公認会計士・税理士事務所

社会福祉法人会計と企業会計の違い

笑顔のこみたろう
こみたろう

やりたいことが少し違うからそれにあったソフトの方がいいよね!

社会福祉法人会計基準は企業会計のアプローチも取り入れています。

しかし企業会計と比較すると、相違点もいくつかあります。

ですから一般企業用の会計ソフトを導入すると、異なる部分が出てきます。

専用の会計ソフトであれば、企業会計と異なる部分も踏まえて設計されているので安心です。

いくつか相違点がありますが、最大の違いはその性格です。

企業は営利を目的としているので、収益の計算に重きを置いている会計になっています。

一方社会福祉法人は営利目的ではなく、社会福祉事業を目的としています。

事業の継続性や安定性に主眼を置いた会計プログラムになっているのが違いです。

このため、資金収支の計算のほかにも事業活動に伴う成果に重心を置いた会計ルールになっています。

参照:ピー・シー・エー株式会社

社会福祉法人における会計業務の特徴

社会福祉法人は専用の会計システムを導入すべき理由として、企業会計とは異なる特徴があるからです。

専用システムであれば、その特異点も踏まえた設計になっているので安心して利用できます。

例えば会計単位に関する特徴です。

社会福祉法人会計では、事業・拠点・サービスの3階層で区分しなければなりません。

また計算書類に関しては、法人全体と区分別とそれぞれ作成しなければなりません。

区分別で行うと各区分で収益と費用が計上されます。

しかし法人内部の取引も含まれるので、法人全体で集計すると余計な収益と費用が計上されてしまいます。

そこで相殺消去という処理が必要など、一般企業の会計処理とは異なる手法があります。

ですから社会福祉法人用に特化された会計ソフトを導入したほうがいいわけです。

参照:ピー・シー・エー株式会社

社会福祉法人が会計システムを導入するメリット

男性が棒グラフを登っていく

社会福祉法人の会計システムを導入することにより、経理業務の作業効率がアップする、内部統制を強化できるなど法人にとって少なくない恩恵がもたらされます。

具体的にどのようなメリットが期待できるかについて、以下で詳しく見ていきます。

経理業務の効率性がアップする

経理作業を行うにあたって、作業効率の向上が図れ、担当スタッフの負担を軽減できるのは大きなメリットといえます。

社会福祉法人の経理作業で面倒なのは、勘定科目です。

特有の科目も少なくないので、初期設定を自分たちで行うとなるとなかなか大変です。

しかし専用ソフトを利用すれば、一度仕訳入力さえすれば、資金収支計算書はじめ仕訳も自動的に処理してくれます。

自分たちで何度も繰り返し仕訳入力する必要がなくなります。

また専用ソフトの中には、金融機関との取引データに関してインターネットを介して自動受信できる機能の搭載されているものもあります。

銀行振り込みなども自動的に記録されれば、経理スタッフの作業量を減らすことも可能です。

参照:アスピック

内部統制の強化が可能に

内部統制が強化できるのも、専用ソフトを導入するメリットです。

たとえば顧問先とのデータ連携もスムーズになるでしょう。

これまで顧問の会計士が監査するために、事業所にいちいち訪れないといけなかったでしょう。

しかしデータ連携できれば、いちいち来社しなくてもリアルタイムでチェックできますし、情報共有も可能です。

問題点があっても速やかに解決できます。

専用の会計ソフトを見てみると、電子承認にも対応しているものがほとんどです。

書面の場合、社内で回覧しなければならなく時間もかかります。

しかし電子承認が利用できれば、回覧作業の手間を省け、プロセスの効率化が期待できます。

効率化だけでなく、対象者全員が確実に情報を閲覧できるのもメリットの一つです。

参照:アスピック

経営状況を逐一把握できる

専用の会計ソフトを導入することで、経営状態をつぶさに把握できるのもメリットです。

予算管理で収支の変化をリアルタイムでチェックできるので、特定の事業の収益が下がった時にその原因を分析し、速やかに適切な対処が可能です。

大きな損害を出す前に、未然に予防策を講じられます。

専用の会計システムは書類作成だけでなく、分析も社会福祉法人に対応した形で行えるのもメリットです。

経営指標などグラフなどを使って視覚的に確認しやすい形になっています。

ですからだれでも現状について迅速かつ的確に把握できます。

また理事会で使用する資料を作成する場合でも会計ソフトの方で分析されたデータを表示してくれるので、自分たちで資料を作成する必要もなくなります。

参照:アスピック

福祉用会計ソフトの選び方

比較

社会福祉法人を運営しているのなら、福祉用に特化した会計ソフトを導入するのがおすすめです。

しかし福祉用会計ソフトといっても、いろいろなものが販売されています。

その中からどれを選べばいいかで迷うでしょう。

福祉用会計ソフトは、法人の規模に合わせて設計されています。

中小の事業者と大手では、おすすめの会計ソフトが違ってきますのでそれぞれの選び方のポイントについてまとめました。

中小事業者向けの会計ソフト

事業所が10未満の中小規模の法人であれば、日々の入力業務を効率化できるような会計ソフトがおすすめです。

借方や貸方などに勘定科目を入力し、資金収支計算書や事業活動計算書などにその科目を転記できれば、かなりの作業効率向上につながります。

適用の中でも使用頻度の多いものは、テンキーだけで仕訳入力できるようなソフトもあります。

また顧問税理士とデータを連携できるサービスなどもおすすめです。

今は中小レベルでも、今後事業拡大することもあるでしょう。

税理士と連携できれば、データの移行をせずに引き続き利用することも可能です。

中小の場合、経理と別の業務を兼任している場合も多いでしょう。

経理作業を効率化できれば、スタッフにかかる負担も軽減できます。

参照:アスピック

大手事業者向けの会計ソフト

大手社会福祉法人、収益30億円もしくは負債60億円を超える場合には会計監査人の設置が義務になります。

そこで顧問税理士と連携して使えるような会計ソフトがおすすめです。

利便性に優れていますし、内部統制強化の効果も期待できるからです。

また複数施設の運営前提の会計システムがおすすめです。

管理グループを設定すれば、グループごとに財務諸表を自動的に作成できるようなソフトは経営マネジメントの観点から好ましいです。

複数の事業をまたいだ状態で財務状況を把握できるからです。

さらに会計システムだけでなく、人事・給与ソフトと連携できるようなものもあります。

そうすれば経理だけでなく、人事労務まで一つのシステムで網羅できます。

このように広範囲をカバーできるような会計システムを導入するといいでしょう。

参照:アスピック

福祉会計に活用できる介護ソフト2選

グループホーム

社会福祉法人専用のソフトを導入することで、作業効率の向上が期待できます。

また福祉会計の作業を軽減できるような介護ソフトもいろいろと出てきています。

その中でも今回はおすすめのソフト3つをピックアップしてみました。

以下で紹介するソフトはウェルケアで紹介されていた評価の高かったものをピックアップしています。

ほのぼのNEXT

ほのぼのNEXT
ほのぼのNEXT 3.9 74件のカスタマーレビュー

リストに追加したツールをまとめて請求

資料請求リストに追加
ほのぼのNEXTの詳細を見る

ほのぼのNEXTはNDソフトウェアが提供しているトップシェアの介護ソフトです。

さまざまな事業種別やベッドセンサー、他社の訪問介護記録ツールと連携できるので、今使っているツールも使い続けたいという施設にはおすすめです。

また、オプションとして財務会計システムと連携が可能で、利用料・介護報酬等の情報を取り込み、仕訳伝票を自動作成できます。

もっと詳しく知りたい方へ

このツールの資料を今すぐ請求する

口コミで実際の使った声が聞ける

ツールの詳細はこちら

カイポケ

カイポケ
カイポケ 3.5 52件のカスタマーレビュー

リストに追加したツールをまとめて請求

資料請求リストに追加
カイポケの詳細を見る

カイポケは、機能性やサポート体制が充実している、シェア率が高い介護ソフトです。

タブレットの無償貸与も受けられるので、低コストで介護記録のデジタル化が実現できます。

経営支援サービスも充実しているため、業務改善に加えて経営改善も可能です。

また、クラウド会計システム「Money Forward」と連携が可能で、カイポケ会員なら月額基本料金0円~利用可能です。

もっと詳しく知りたい方へ

このツールの資料を今すぐ請求する

口コミで実際の使った声が聞ける

ツールの詳細はこちら

社会福祉法人は専用の会計ソフトを導入すべし

社会福祉法人では企業とは異なる会計処理を進めていかなければなりません。

ですから一般的な会計ソフトを導入すると、自分たち仕様にカスタマイズしなければならないのでなかなか面倒です。

社会福祉法人に対応している会計ソフトを導入すれば、社会福祉法人に合わせた設計になっているので設定がそれほど面倒ではありません。

また会計ソフトに関連する便利なシステムを導入すれば、より使い勝手も良くなります。

ここで紹介した2つのソフトはいずれも「介護のコミミ」で紹介されているので一度チェックしてみてください

介護ソフト比較して一括資料請求!

〜本音の口コミが失敗を防ぎます〜

当サイトの記事をお読み頂いても
疑問が解決しない場合には、
下のボタンから介護ソフトの口コミ比較と
一括資料請求をおすすめします。
複数の資料比較で「強み」がわかり、
本音の口コミ比較で「弱み」がわかります。
登録不要・完全無料ですので
お気軽にご利用ください。
多くの介護職員が
資料請求からスタートしています!

最短60秒!無料でかんたん検索

介護ソフトを一括資料請求する

この記事の筆者

  • 介護のコミミ編集部

    介護のコミミ編集部

    介護のコミミのコンテンツである「コミミマガジン」の編集者。 介護現場から施設運営など、介護に関わる幅広い分野で月間5万人以上の介護職員に情報発信をしている。 記事は介護職員だけでなく、メーカーや行政からの関心も高まっているため、メーカーと介護現場を繋ぐ第三者目線を第一に、日々情報を提供している。

介護のコミミとは

介護のコミミとは、掲載数国内最大級の介護ソフト・介護システムの口コミ比較サイトです。

口コミ、料金比較、ランキングなど様々な切り口で介護ソフトを比較することができます。

介護ソフトについて何かお困りごとがあれば、お電話での無料アドバイスを行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。

60秒でかんたん検索

資料を一括請求する

製品のカテゴリを
お選びください

介護ソフトLPお見積もりシミュレーター介護ソフトeBook

口コミランキングから人気の介護ソフトをチェック