おすすめ栄養計算ソフト3選!メリット・デメリットは?

介護ソフトの選び方

おすすめ栄養計算ソフト3選!メリット・デメリットは?
comitaro.jpg
こみたろう

「栄養計算ソフトでは何ができるんだろう?」
「介護施設向けの栄養管理ソフトってあるのかな?」

 

このような疑問にお答えしていきます。

介護・福祉施設の利用者にとって、食事は生活のなかで大きな楽しみのひとつと言えるものです。

施設の運営者はこうした利用者の気持ちに寄り添いつつ、健康に配慮した食事を提供することが求められます。

このような場合に、便利なのが「栄養計算ソフト」です。

そこで、この記事では介護施設におすすめの栄養管理ソフトの種類や導入のメリット・デメリットについて紹介します。

介護ソフト比較して一括資料請求
〜本音の口コミが失敗を防ぎます〜
————————————————–

当サイトの記事をお読み頂いても疑問が解決しない場合には、下のボタンから介護ソフトの口コミ比較と一括資料請求をおすすめします。複数の資料比較で「強み」がわかり、本音の口コミ比較で「弱み」がわかります。登録不要・完全無料ですのでお気軽にご利用ください。多くの介護職員が資料請求からスタートしています! 

【無料】一括資料請求はコチラ

栄養計算ソフトとは?

栄養計算ソフトとは、その名前の通り料理の栄養を管理できるシステムのことです。

施設利用者の献立を日々考えたり、手作業で用紙に記載したりするのは仕事量が多く負担が大きいもの。

このような場合に、栄養計算ソフトを導入することでパソコンなどの端末で献立を作成したり、栄養管理を簡単に行ったりすることができます。

ソフトによっても機能は異なりますが、料理や食品の追加や削除が行える「献立入力」、料理の登録や検索ができる「料理情報」、公的機関などに書類提出をする際に活用できる「帳票出力」といった機能が備わっているものが一般的です。

なかには、発注や在庫管理などの機能が備わっているものもあり、用途に合わせて選択できます。

各メーカーから介護・福祉施設向けの栄養管理システムも提供されており、有効活用することで業務の円滑化に役立てられます。

栄養計算ソフトのメリット・デメリット

介護・福祉施設が栄養計算ソフトを導入するメリットは非常に大きいものです。

その反面、デメリットも存在します。

導入の前に、メリット・デメリットの双方を把握しておくことが大切です。

具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

メリット①介護ソフトと連携できる

栄養計算ソフトの種類によっては、介護ソフトと連携できるものもあります。

こうした連携可能なソフトを導入した場合、利用者の「氏名」「生年月日」「摂取の可否」「食事摂取量」といったデータ入力を円滑に済ませることができます。

日々の忙しい業務のなか、複数のソフトを使うとなるとデータの登録や削除、移行などが手間に感じられるものです。

ソフト同士でデータ連携ができるものなら、二重にデータを入力する手間を省くことができます。現場の業務効率向上につなげることができるでしょう。

メリット②栄養計算の手間が省ける

利用者にとって満足でき、なおかつ栄養バランスを考えた献立を考えることはなかなか大変な作業と言えます。

栄養計算ソフトを活用すると、献立を作成するだけで栄養計算が自動で行われます。

今までのように時間をかけて面倒な栄養計算をしなくて済み、業務負担を軽減できることがメリットです。

ソフトによっては、食材や料理ごとに栄養価を確認できるものもあります。

手間を省けるだけではなく、きちんと栄養バランスの偏りまで確認できるため安心して利用できます。

メリット③容易に献立作成ができる

日々の業務における献立作成時、よく使う食材や料理の名称を毎回手入力することが面倒に感じられるケースもあるでしょう。

栄養計算ソフトは料理や食品が事前に登録されているため、略称を入力するだけで簡単に検索することができます。

ソフトによってはマウス操作で入力できるものもあります。

入力作業が苦手で時間がかかったり、タイプミスが多かったりする場合にも便利です。

日々の献立作成がより便利かつスムーズに行えるでしょう。

デメリット①料金が発生する

栄養管理ソフトは多くのメリットがある反面、どうしても使用にあたり料金が発生してしまうことがデメリットとして挙げられます。

介護ソフトを導入している場合にも、追加料金が発生するため注意が必要です。

栄養管理ソフトによってもかかる費用は異なりますが、豊富な機能が備わっているものはそれなりの料金が発生することを念頭に置く必要があるでしょう。

なるべく費用を抑えたい場合は、献立入力のみなどの機能がシンプルなものを選ぶことも一案です。

デメリット②教育コストが発生する

栄養計算ソフトを導入するにあたり、教育の手間やコストがかかる点にも注意が必要です。

新たに栄養管理ソフトを導入する場合、スタッフが使いこなせるようになるまでどうしても時間がかかってしまいます。

慣れるまである程度の日数がかかったり、業務効率が落ちたりする可能性があるでしょう。

それにともない、パソコン操作に不慣れな従業員がいる場合は、説明資料を作成・印刷するなどのコストがかかることを念頭に置く必要があります。

栄養計算ソフトと連携するおすすめの介護ソフト

栄養計算ソフトと一口に言ってもさまざまな種類があるので「どれを選べばいいのだろうか」と悩んでしまうものでしょう。

栄養計算ソフトの導入を考えている場合は、同じメーカーの介護ソフトを利用することがおすすめです。

なぜなら、メーカーをそろえることで介護ソフトと栄養計算ソフトを連携できるためです。

これにより、サポート連絡先を統一できたり、導入もスムーズに行えたりするなどのメリットがあります。

具体的にどのようなものがあるのか、おすすめのソフトについて見ていきましょう。

ほのぼのNEXT(NDソフトウェア)

ほのぼのNEXTは、老舗メーカーとして現場をトータルサポートする介護用ソフト・システムです。

施設入所・居宅介護支援・居宅サービスなどの事業サービスに幅広く対応できます。

ケアの記録からスケジュールまで、スタッフ間で簡単に共有できる機能が備わっており便利です。

業務の引き継ぎがスムーズになり、スタッフが交代しても適切なケアを行うことができます。

給食栄養管理システムSuper

給食栄養管理システムSuperは、栄養管理に必要な情報の把握や献立作成に役立てられるシステムです。

なお、ほのぼのNEXTとの連携が可能であり、利用者情報の共有によって業務の円滑化を図れることが特徴です。

略称入力やマウス操作によって料理・食品を検索でき、献立作成の手間を大幅に短縮することができます。

1画面で最大7日分の表示ができたり、献立使用食品の重複チェック機能も備わっていたりするなど、便利な機能が豊富です。

栄養バランスに偏りがないか確認し、調整する際にも役立ちます。

ほのぼのNEXTの口コミはコチラ

ワイズマンSP(ワイズマン)

ワイズマンSPは、業界トップレベルの導入実績を持つ介護ソフトです。

ケア記録から集計資料の出力まで、介護事業所における業務全体をフォローする幅広い機能が備わっています。

加えて、操作性の高さが特徴です。連絡帳や統計帳票などのレイアウトが見やすく、無駄のない操作性で業務をより円滑に行えることが期待できます。

パソコンの操作が苦手な人でも利用しやすく、簡単な操作で確実な記録と管理を行えるでしょう。

ワイズマンSPは、オンプレミス型だけではなくクラウド型サービスもあり、用途に合わせて選択することが可能です。

クラウド型はバージョンアップやバックアップなどのメンテナンスを行う必要がなく、手間をかけずに運用できます。

暗号化やワンタイムパスワードなどの技術が活用されており、セキュリティ面でも安心して利用できるでしょう。

栄養ケア・マネジメント支援システムSP

栄養ケア・マネジメント支援システムSPは、簡単な操作で栄養の管理・改善を目指せるシステムです。

スクリーニングやアセスメント、計画や経過記録なども厚生労働省様式例のイメージ通りに入力でき、直感的な操作が可能です。

手書き用紙からの転記も円滑に行いやすく、システムに不慣れな人でも安心して利用できます。

また、支援ノート機能は食事摂取量や前後の様子などのケア記録を簡単に共有できる仕組みです。

栄養管理の改善に必要なタスク表示も可能で、作業漏れが発生するリスクを減らせます。

まとめ

介護・福祉サービスでは、利用者の健康面への配慮が求められています。

利用者一人ひとりの栄養状態を正確に把握し、より適切な食事を提供するためには栄養管理ソフトを導入することがおすすめです。

栄養管理ソフトの導入によって、より利用者に寄り添ったサービスを提供できるようになるでしょう。

それに加えて、現場における業務負担の軽減にも役立てられます。献立の作成や帳票出力など便利な機能が備わっており、現場の仕事がより円滑に行えるようになります。

なお、利用する介護ソフトと栄養管理ソフトは同じメーカーで統一することがおすすめです。利用者の情報連携やサポートの連絡先の統一など、スムーズに導入できます。

必要な機能をあらかじめ洗い出し、ぴったりな栄養管理ソフトを見つけて導入しましょう。

この記事の筆者

  • 介護のコミミ編集部

    介護のコミミにはICTツールに関する情報が多数掲載されています。役に立つ記事も更新してきますので、ブックマーク登録をよろしくお願いいたします。

介護のコミミとは初めてご利用される方へ

介護のコミミは介護・福祉業界の介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのシステム/サービスを口コミ比較・資料請求ができるサイトです

「福祉であふれる世界」をコンセプトに介護のコミミは生まれました。超少子高齢社会の日本において、介護・福祉業界の働き手不足は深刻な問題です。また、介護業界は3年に一度、福祉業界は毎年行われる法改正に対応するために事業所の運営を見直す必要があります。そのため、厚生労働省が推進しているように、介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのようなITサービス/システムを導入し介護福祉現場の「業務改善」がなされなければ、働き手不足、法改正などの課題解決は困難です。介護のコミミは介護福祉業界に特化したITサービス/システムを掲載しています。例えばソフト導入時に、100種類以上のソフトから比較検討し、貴社の課題を解決できるのかを確かめることができます。第三者機関として公正公平な立場だからこそ、様々なサービス/システムを選び、無料で、しかも一度に多くの資料を手に入れることができるのは介護のコミミの強みです。日々の業務がお忙しい、介護福祉業界の皆様のために最短で最高のITサービス/システムとのマッチングをサポートさせていただきます。

本音の口コミとソフト/システムランキングがITサービスの価値を「見える化」させます

介護ソフトだけでも80社以上のメーカーが存在し、様々な課題解決ができる事実を知っている方は介護福祉業界では多くありません。コロナ禍で大きく飛躍したITサービス/システムは、きっと貴社の問題をクリアにすることができます。サービス/システムを選ぶ際は、介護のコミミの「本音の口コミ」をご活用ください。日本最大級の口コミ数は、実際の現場で働かれている職員さまからいただいているものです。その口コミをもとにサービス/システムの「ランキング」を作成しております。サービス/システムのミスマッチが起きないように、まずは情報収集のため人気のものを資料請求してみましょう。

60秒で介護ツールをかんたん比較!

資料・体験版を一括請求する

資料・体験版を一括請求するツールを
お選びください

現在 件の資料が請求リストにあります。