えっ!?介護現場にVR?最新活用方法を徹底解説!

経営・運営

えっ!?介護現場にVR?最新活用方法を徹底解説!
comitaro.jpg
こみたろう

VRって何?
何に使えるもの?
ゲームで遊ぶためのものでは?

このように思っている人にとって、介護とVRの関連性を想像することは難しいかもしれません。

しかし、実は、介護とVRは相性が良く、VRを活用することで、介護をする人にも、される人にも、さまざまなメリットがあることが分かっています。

介護のためのVRコンテンツも増加中です。

この記事では、VRの基礎知識やVRを利用するために必要な機器、介護現場への導入方法と注意点、サービスの内容などについて紹介していきます。

介護にVRを取り入れる際に知っておきたいことが分かる内容です。

VRとは?

デジタル空間で指さす人

 

VRは「Virtual Reality」を略したもので、日本語では「仮想現実」と訳されます。

コンピュータで作られたリアルな三次元空間を、専用の大きなゴーグルを通して、現実のように疑似体験できる技術のことです。

VRの種類を大きく分けると、映像を見ることが主体の視聴型と、コントローラ操作などに連動して映像の中に入り込んだような体験ができる参加型があります。

VRの技術が使われている代表的な分野はゲームで、家庭用ゲーム機やスマホでもVRゲームをプレイすることが可能です。

また、音楽ライブ映像のVR配信、レジャー施設のアトラクションなどエンターテインメントの分野で活発に使われています。

将来的には、教育や医療、観光など、多くの分野で活用されていくことが期待されています。

実はVRの活用は介護現場に向いている!

VR体験をする車いすの男性

VRと介護は一見すると共通点がないようですが、相性が良くさまざまな利用法があります。

VRの最大の特徴は、本物そっくりの空間や状況を疑似体験できることです。

介護の現場では予期しない出来事が頻繁に起きますが、あらかじめVRでトラブルを疑似体験しておくことで、想定外の事態にも対応することができます。

介護スタッフの中には、仕事にうまく対処できないと感じて自信を失い、辞めてしまう人も多く、慢性的な人手不足が介護現場の問題としてあります。

VRの活用はスタッフの悩みの解消にもつながり、離職防止に役立つことも期待できます。

また、体を自由に動かしたり、1人で遠くに外出したりすることが難しい高齢者も、VRの世界ではさまざまな場所に行き、体験をすることが可能です。

疑似体験をすることで、気持ちが晴れたり、思わず体を動かしたくなったりする効果が期待できます。

後ろ向きになりがちなリハビリなどの訓練も、VRを活用することで楽しいものに変えられるでしょう。

介護・福祉分野でのVRの期待と効果

デジタル化した脳

「自分の思うように行動できない」ということはとても大きなストレスです。

VRを活用すれば、たとえ寝たきりの人であっても、さまざまな場所に自由に行けます。

「したいことができる」ことで前向きで明るい気持ちを持つことができ、生活の質自体も上がっていくでしょう。

また、社会から取り残されたり、孤独感を抱えたりしがちな高齢者にとって、他人とコミュニケーションを取ることはとても大切です。

複数人で利用できるVRを活用すれば、コミュニケーションを活発化させることもできます。

アメリカのメリーランド大学が行った調査によると、没入型VRには空間認識を高め、記憶力を向上させる効果があることが分かっています。

VRヘッドセットと、デスクトップパソコンを使った記憶テストでは、VRを用いたグループの方が、パソコンを用いたグループよりも記憶の正確性が8.8%高まるという結果が出ました。

VRは、高齢になっても記憶力を維持させるための重要な鍵になるかもしれません。

介護スタッフに向けたVRの活用も大きな効果を生んでいます。

介護スタッフの研修にVRを活用した社会福祉法人善光会の特別養護老人ホームでは、「これまでの研修より分かりやすかった」と答えた人が83%、「VRによる認知症理解の満足度」が96%、「同僚・上司・部下にVR体験を薦めたい」とした人が100%に上りました。

知識やスキルが重要な介護の現場では、レベルに応じたさまざまな研修が欠かせません。

VRを利用することで介護についての理解が深まり、利用者の気持ちに寄り添う介護の提供が可能になることが期待できます。

介護現場でのVR利用の流れ

VRとHMD

①HMDとVRアプリを用意する

VRを利用するためには、必ずHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が必要です。

HMDを購入したら、介護現場で利用できそうなVRアプリを探しましょう。

アプリには有料のものと無料のものがあります。

最初からVRアプリがダウンロードされているHMDもありますが、スマホやパソコンを使うHMDの場合、あらかじめVR映像が見られるアプリをスマホやパソコンにダウンロードしておきましょう。

②VR映像を用意する

次に、アプリ内で利用したいVR映像を検索します。

介護現場で人気の高いVRアプリ「ハコスコ」はVRで旅行が楽しめるアプリです。

この場合、旅行したい場所を探しておきます。

③HWDを頭に装着する

HMDを頭に装着し、映像をスタート。

現実空間にいるかのようなリアルなVR映像を楽しむことができます。

VR体験に必要なHMD(ヘッドマウントディスプレイ)とは

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)は、VRゴーグルの一種です。

視界を覆うように頭部に装着するため、頭を動かしてもディスプレイがずれにくく、映像との一体感をよりリアルに味わえます。

HMDは、映像の見え方によって、ディスプレイに映る映像だけが見える「没入型」と、現実の景色にディスプレイの映像が透けて見える「シースルー型」に分けることが可能です。

また、HMDは、スタンドアローン、PlayStationVR、PCVR、スマホVRなどさまざまなデバイスに対応した複数の種類があります。

PlayStationVRはゲーム機のPlayStation、PCVRはパソコン、スマホVRはスマートフォンと接続して使います。

人気のVR機器を紹介

check

Oculus Go

Wi-Fi機能が付いていて単体で使用できるスタンドアローン型は、パソコンやゲーム機と接続しないためコードレスで使用可能です。

スタンドアローン型HMDの中でも人気のある「Oculus Go」は、Facebook傘下のOculus社が開発、販売しており、32GBなら2万3800円、64GBなら2万9800円で購入できます。

セットアップをするときや、アプリをダウンロードするとき、通信が必要なアプリを使うときにはWi-Fiが必要ですが、常に接続していなければならないわけではありません。

Oculusストアからダウンロードできるアプリは1000種類以上。

旅行体験など介護の現場で活用できるアプリも提供されています。

HMD単体ではなく、スマートフォンやパソコン、ゲーム機などと接続して利用するHMDもあります。

1000円以下で購入できる安価なタイプもありますが、高齢者が利用する際に頭にしっかりフィットできるかどうかを確認して購入するようにしましょう。

Canbor VR

スマートフォン用HMDとして人気の高い「Canbor VR」は、2000~4000円程度で購入できます。

4.0~6.3インチのスマートフォンに対応しており、目に優しいレンズを使用していることも特徴です。

サイズ内であればAndroid、iPhoneのいずれのスマートフォンも使うことができます。

裸眼視力0.03まで対応可能なので、多くの場合、めがねをかけずにVR映像を楽しむことが可能です。

肌に触れる部分には通気性の良い素材を使っており、違和感なく使用できます。

VRの介護施設での活用例

VR体験をする女性と記録を取る男性

VRを介護の現場で活用するときの目的は、リハビリテーション、レクリエーション、研修の3つです。

リハビリテーションに使われるVRは、ゲーム形式のものが多く、作業療法や理学療法を楽しみながら行える内容になっています。

「積み木を積む」など単調な作業が多い従来のリハビリと比べ、楽しみながら行えるのが特徴です。

歩行訓練が必要な人には、仮想空間内を歩き回るコンテンツを、上肢のリハビリが必要な人には、舞い上がる紙吹雪をコップで救うコンテンツを利用してもらうなど、目的に合わせてコンテンツを活用することができます。

介護施設に住む人たちの中には外出がままならない人も多いです。

「自宅に帰りたい」と願う人に、自宅への道のりをVRで体験できるコンテンツを利用してもらったり、旅行を疑似体験してもらったりしてレクリエーションとして活用している例もあります。

研修用VRには、介護の仕事を疑似体験するものと、介護される人の視点を知ることができるものがあり、介護の現場を深く知るための方法として研修で使われています。

介護の現場で日常的に起きることをVRで体験し、対処方法を学ぶことも可能です。

また、介護者の技量のレベルを測ることができるVRコンテンツを用い、的確な人材育成に生かしている例もあります。

介護の現場では人手不足が深刻です。

介護福祉士を目指す学生にVRで介護福祉士の仕事を体験してもらう取り組みも、こうした事態を打破する方法として注目されています。

VRサービスの紹介

リハまる

リハまる公式HP

※「リハまる」公式HPから引用

リハビリソフトウェア「リハまる」では、迷路の中を歩いてゴールを目指すコンテンツや、道を歩きながら特定の色の花を探すコンテンツが提供されています。

「リハまる」は、株式会社テクリコが関西医科大学と共同研究により開発したソフトウェアで、第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会「優秀演題賞」に選ばれるなど医学界からも注目を集めているサービスです。

脳トレリハビリ(作業療法)、運動リハビリ(理学療法)、片麻痺の人に有効なミラーリングを行うことができます。

価格は公開されていませんが、患者用のHMD「マイクロソフトホロレンズ」と管理用デバイス「マイクロソフトサーフェス」が必要です。

SmileVR

スマイルVR

※「SmileVR」公式HPから引用

レクリエーション用VRコンテンツを提供する「SmileVR」には、観光地、動物園、温泉など8つの映像コンテンツがあり、旅行をしたような気分を楽しむことができます。

季節に応じ、3カ月ごとにコンテンツが入れ替わるため、飽きることなく利用できるのが特徴です。

価格は月額3万円で、初期費用としてVR機材(VRゴーグル3台、タブレット1台)の費用30万円がかかります。

認知症VR

VR認知症

※「VR認知症」公式HPから引用

「シルバーウッド」が提供する「認知症VR」は、レビー小体型認知症の幻視や、認知症の中核症状を体験できるサービスです。

VR認知症の導入パターンには体験会とレンタルがあり、レンタルでは機材なしの方法も選べます。

VR体験会のプログラム使用料(1回)は30人プランの場合12万円で、このほかにファシリテーター費用3万円、機材費、VRマスク費などが必要です。

(価格:2021年7月現在)

介護現場でVRを活用するときの注意点

point

VRを介護現場で活用するときに注意したいのは、「VR酔い」です。

VRを利用すると、吐き気やむかつき、頭痛など乗り物酔いのような症状を訴え、気持ちが悪くなってしまう人がいます。

介護用VRコンテンツの多くは、VR酔いに配慮して作られていますが、体調不良を訴える人がいたら、すぐに中断するようにしましょう。

初めてVRを体験する高齢者には、短時間から始め、徐々に時間を延ばすなどの配慮も必要です。

HMDの装着や周囲の雰囲気で緊張してしまうケースもあるので、リラックスして行えるように心がけましょう。

VR酔いは、安定感のある場所で行うことで、ある程度予防できます。体を動かして行うコンテンツも多いので、十分な広さのスペースを用意し、環境を整えて行うようにしましょう。

介護する人にも介護される人にも役立つVR

VR体験でにぎわう介護施設

VRを活用することで、介護をする人は危険予測が的確にできるようになり、仕事上の予測できないトラブルにも対応しやすくなります。

結果的に、離職を予防することにもつながり、人手不足の介護業界の貴重な人材を守り、育てることに役立つといえるでしょう。

介護される人は、VRコンテンツを活用して楽しみながらリハビリをすることができるようになります。

また、VRの世界の中で、これまでしたかったことを実現することで、前向きな気持ちがわき、生活の質を向上させることも期待できます。

介護の現場でVRを活用すると、大きなメリットが得られることでしょう。

HMDには安価で購入できるものもあり、スマートフォンの無料アプリを使えば、少ない初期費用で始めることも可能になっております。

VR導入検討中の方はぜひ導入をおすすめします。

この記事の筆者

  • 介護のコミミ編集部

    介護のコミミにはICTツールに関する情報が多数掲載されています。役に立つ記事も更新してきますので、ブックマーク登録をよろしくお願いいたします。

介護のコミミとは初めてご利用される方へ

介護のコミミは介護・福祉業界の介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのシステム/サービスを口コミ比較・資料請求ができるサイトです

「福祉であふれる世界」をコンセプトに介護のコミミは生まれました。超少子高齢社会の日本において、介護・福祉業界の働き手不足は深刻な問題です。また、介護業界は3年に一度、福祉業界は毎年行われる法改正に対応するために事業所の運営を見直す必要があります。そのため、厚生労働省が推進しているように、介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのようなITサービス/システムを導入し介護福祉現場の「業務改善」がなされなければ、働き手不足、法改正などの課題解決は困難です。介護のコミミは介護福祉業界に特化したITサービス/システムを掲載しています。例えばソフト導入時に、100種類以上のソフトから比較検討し、貴社の課題を解決できるのかを確かめることができます。第三者機関として公正公平な立場だからこそ、様々なサービス/システムを選び、無料で、しかも一度に多くの資料を手に入れることができるのは介護のコミミの強みです。日々の業務がお忙しい、介護福祉業界の皆様のために最短で最高のITサービス/システムとのマッチングをサポートさせていただきます。

本音の口コミとソフト/システムランキングがITサービスの価値を「見える化」させます

介護ソフトだけでも80社以上のメーカーが存在し、様々な課題解決ができる事実を知っている方は介護福祉業界では多くありません。コロナ禍で大きく飛躍したITサービス/システムは、きっと貴社の問題をクリアにすることができます。サービス/システムを選ぶ際は、介護のコミミの「本音の口コミ」をご活用ください。日本最大級の口コミ数は、実際の現場で働かれている職員さまからいただいているものです。その口コミをもとにサービス/システムの「ランキング」を作成しております。サービス/システムのミスマッチが起きないように、まずは情報収集のため人気のものを資料請求してみましょう。

60秒で介護ツールをかんたん比較!

資料・体験版を一括請求する

資料・体験版を一括請求するツールを
お選びください

現在 件の資料が請求リストにあります。