介護職の無資格勤務にメリットデメリット?(介護の本音)

現場・悩み

介護職の無資格勤務にメリットデメリット?(介護の本音)
comitaro.jpg
こみたろう

介護職って無資格でも就業可能なの?
でもどうせ給料低くなる?やれること限られるよね?

とは思ってはいませんか?

介護職に就くには専門の資格が必須だと思っている人が多いかもしれませんが、実は、介護職は無資格、未経験から始められる仕事で、多くの人に就業のチャンスがある職種です。

超高齢化社会を迎え、高齢者の生活を支える介護職の需要が高まっています。

「介護の現場ですぐに働いてみたい」「働きながら資格を取りたい」という人にもぴったりな職種と言えるでしょう。

一方で、資格が必要ないということは分かっていても、「資格がない人は任される仕事が少なそう」「無資格者は給料が低いのでは?」などと不安に思い、興味はあるけれど一歩踏み出せない人もいるかもしれません。

この記事では、資格のある人とない人の業務内容の違いや、無資格で就業するメリット、デメリット、無資格の介護職員の給料などについて詳しく説明していきます。

 

無資格でできる介護の仕事

送迎をする笑顔の介護職員

無資格であっても介護職への就業は可能です。

無資格者は「介護助手職」として働くことになり、主に資格を持つ介護職員のサポートを行います。

介護助手職の業務は生活援助から事務作業まで多岐に渡り、高齢者の生活になくてはならないものばかりです。

一方で、資格者だけが行える仕事も明確に定められており、無資格者が行うと違法になるので注意しておきましょう。

ここからは、介護助手職ができることについて、具体的な業務内容を説明していきます。

生活援助

介護助手職は、要介護者が自立した生活を送るために、食事作りや買い物、掃除や洗濯、薬の受け取りといった生活援助を行います。

毎日の食事の準備や、利用者の身の回りの掃除など、日常生活の範囲内でのサポートが対象です。

介護施設内はもちろん、訪問介護の場合は要介護者の自宅で行います。

送迎

通所事業所や小規模多機能型居宅介護の送迎の車に乗り、デイサービスやショートステイに通う人を見かけたことはありませんか。

要介護者の送迎も介護助手職が行うことができる業務です。

普通自動車免許は必要ですが、介護に関係する資格は必要ありません。

運転手の業務だけの求人もあります。

事務

介護助手職は、介護の現場で発生する多くの事務作業を担います。

介護報酬の請求業務、給与計算業務、郵便物の発送、来客の応対などその内容は多種多様です。

介護の資格は必要ありませんが、経理や労務などの知識があると役立ちます。

無資格ではできない介護の仕事

食事介助をする女性

介護の仕事内容は、介護施設で行うものと訪問介護で行うものに分かれます。

内容に大きな差はありませんが、訪問介護における一部の仕事には介護の資格が必要です。

具体的には、要介護者の身体に触れる入浴介護、排泄介護、食事介護などがこれにあたり、介護福祉士や介護職員初任者研修、実務者研修の資格を取得していなければ携わることができません。

同じ身体介護であっても、施設内で行うものは無資格で行うことができます。

訪問介護専門の事業者に就職する場合は、無資格だとできる仕事に限りがあることを理解しておきましょう。

また、資格のない介護職員にも、体温計で体温を測ったり、湿布を貼ったりする医療的ケアは認められていますが、喀痰吸引や経管栄養は規定をすべて満たした介護福祉士にしか行うことができません。

無資格で就業するメリット/デメリット

メリット・デメリット

メリット

資格を取る時間やお金がなくても就業することができ、現場で経験を積みながら資格取得を目指せる点が大きなメリットです。

介護の現場を知ることで「もっとできる仕事を増やしたい」と思えば資格を取得し、「自分には向いていない」と思えば離職することもできます。

引く手あまたの業種なので、「資格は取らずにこのまま働きたい」という選択も歓迎されるでしょう。

資格を取得する際にも、実務経験をもとにして勉強することができるため、全くの未経験者が勉強するよりもスムーズに進めることができます。

また、慢性的な人手不足が問題となっている業種であり、年齢を問わず就職しやすいこともメリットと言えるでしょう。

デメリット

デメリットは、無資格者と有資格者の給料を比較した場合、有資格者よりも給料が低いことが多いです。

有資格者は勤務先によっては資格手当を貰える上、無資格者よりもキャリアアップがしやすいので、給料に差が出てしまいます。

しかし、介護事業所によっては研修制度が充実していたり、無料で資格取得が可能など、人材育成に力を入れています。

無資格未経験だけど介護職になるか悩んでいる方の場合は、そういった人材育成に力を入れている介護事業所を優先的に選んで就業するのをおすすめします。

無資格の介護職員の給料

給与明細とお金

厚生労働省の「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、介護職員の平均給与額は31万5850円で、うち基本給が18万2260円、手当が7万8440円、一時金が5万5150円となっています。

この額は、月給で常勤の介護職員の平均で、無資格者、有資格者のどちらも含まれるため、無資格者は若干低くなると考えておいた方が良いでしょう。

平成31年より介護職員の給与は増えている

給与額自体は、平成31年の調査と比べると、1万5730円増えていることが分かります。

勤続年数別にみると、勤続1年目の平均給与額は28万3480円で、5~9年の平均給与額である30万7980円に向かって段階的に増えています。

保有資格別の平均給与を見ると、介護福祉士は32万9250円、実務者研修修了者は30万3230円、介護職員初任者研修修了者は30万1210円なのに対し、無資格者は27万5920円です。

ただし、ここで比較している介護福祉士の平均勤続年数は8.2年、実務者研修修了者が6.7年、介護職員初任者研修修了者が7.3年なのに対し、無資格者の平均勤続年数が5.5年であることは考慮しなければなりません。

先に述べたように、勤続年数によって平均給与額は増減するからです。

時給で働く非常勤の人を対象にした調査では、平均基本給額が1110円となっています。

当然、この中には有資格者も含まれていますが、パートで働く無資格者も多く含まれると考えられます(厚生労働省令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果)。

無資格で働く場合は、どうしても給料が低くなってしまいます。

しかし、「働き方の見直しを行い、パートから派遣社員待遇になる」「資格取得をして手当をもらう」「キャリアアップをして正社員雇用される」といった方法で給料をアップさせることは可能です。

無資格でも応募できる求人例

履歴書と車いす

この項目では、無資格未経験でも応募できる求人の例を紹介します。

職種:介護助手
勤務先:高齢者向け介護施設
仕事内容:食事、入浴、更衣、排泄介助などの介護業務
雇用形態:1カ月程度の短期~長期まで可能。勤務期間は応相談
給与時給:1500円
シフト:8:30~17:30、9:30~18:00など複数あり(実働8時間、休憩1時間)。週4日、週5日、平日のみ、土日のみなどの勤務も可能
待遇:社会保険完備、履歴書不要、正社員登用あり、交通費全額支給、昇給あり、賞与年2回

介護の求人を確認してみると、無資格、未経験で応募できる求人が多く、他業種と比べると就職するハードルが低い傾向にあります。

また介護技術や感染・事故予防のための研修を実施している事業所があることが分かります。

無資格の人が働きやすい環境が整っている事業所を選ぶとよいでしょう。

介護福祉士などの資格を取得する際には受講料金を負担するなど、資格取得に向けたバックアップを行っている事業所も多いです。

無資格で働きながら資格取得が目指せる!キャリアアップしながら長く働ける介護職

青空の下にいる車いすの男性と押す女性

資格がなくても介護の現場で働くうえで全く問題はありません。

介護職は、「働いてみたい」と思って行動すれば、すぐに就職できる可能性のある職種だと言えるでしょう。

介護職は要介護者やその家族など、人と接する仕事です。専門的な知識があるにこしたことはありませんが、人の話をよく聞いて、思いやりをもって接することも、知識同様に大切な資質と言えます。

また、働きながら資格を取得するほうが有利に働く面もあります。

介護の資格のうち、「介護職員初任者研修」は130時間のカリキュラムを修了し、修了試験に合格することで取得可能です。

「介護福祉士実務者研修」は、医療的ケアに関する知識及び技能の習得を目的としており、修了すれば、事業所に配置することが義務付けられているサービス責任者になることができます。

「介護福祉士」は介護職唯一の国家資格です。

介護福祉士の受験資格として、3年以上の実務経験と、450時間の実務者研修が義務付けられているため、介護福祉士を受験したい人は、介護福祉士実務者研修を終えておく必要があります。

3年以上の実務経験が必要なので、働きながら目指すのにうってつけの資格です。

多くの人材を必要としている介護現場ですが、中でも有資格者は特に需要が高く、無資格者と比べて賃金も高いです。

そのため、無資格で働きながら実務経験を積み、資格の取得を目指す人も多くいます。

資格を取得することでキャリアアップをすることができ、パート待遇から正社員登用されて働くことも可能です。

介護職は、無資格未経験でもやる気次第で十分にキャリアアップが可能な将来性のある業種と言えるでしょう。

無料eBookダウンロード受付中!
————————————————–


・介護ソフトの候補を1社まで絞り込む方法
・パソコン音痴でも3ヶ月でICTマスターなる方法
・経費を年間240万円以上削減する方法
など、全50ページに渡って詳細に解説!

【無料】ダウンロードはコチラ

【2020年】介護ソフトおすすめ人気ランキング10選【口コミで自動集計】

 介護ソフトのシェア比較ランキング10選!【大手の成長率も分析】

 【まとめ記事】介護ソフトの基礎知識から応用まで全て解説!

 

この記事の筆者

  • 介護のコミミ編集部

    介護のコミミにはICTツールに関する情報が多数掲載されています。役に立つ記事も更新してきますので、ブックマーク登録をよろしくお願いいたします。

介護のコミミとは初めてご利用される方へ

介護のコミミは介護・福祉業界の介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのシステム/サービスを口コミ比較・資料請求ができるサイトです

「福祉であふれる世界」をコンセプトに介護のコミミは生まれました。超少子高齢社会の日本において、介護・福祉業界の働き手不足は深刻な問題です。また、介護業界は3年に一度、福祉業界は毎年行われる法改正に対応するために事業所の運営を見直す必要があります。そのため、厚生労働省が推進しているように、介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのようなITサービス/システムを導入し介護福祉現場の「業務改善」がなされなければ、働き手不足、法改正などの課題解決は困難です。介護のコミミは介護福祉業界に特化したITサービス/システムを掲載しています。例えばソフト導入時に、100種類以上のソフトから比較検討し、貴社の課題を解決できるのかを確かめることができます。第三者機関として公正公平な立場だからこそ、様々なサービス/システムを選び、無料で、しかも一度に多くの資料を手に入れることができるのは介護のコミミの強みです。日々の業務がお忙しい、介護福祉業界の皆様のために最短で最高のITサービス/システムとのマッチングをサポートさせていただきます。

本音の口コミとソフト/システムランキングがITサービスの価値を「見える化」させます

介護ソフトだけでも80社以上のメーカーが存在し、様々な課題解決ができる事実を知っている方は介護福祉業界では多くありません。コロナ禍で大きく飛躍したITサービス/システムは、きっと貴社の問題をクリアにすることができます。サービス/システムを選ぶ際は、介護のコミミの「本音の口コミ」をご活用ください。日本最大級の口コミ数は、実際の現場で働かれている職員さまからいただいているものです。その口コミをもとにサービス/システムの「ランキング」を作成しております。サービス/システムのミスマッチが起きないように、まずは情報収集のため人気のものを資料請求してみましょう。

60秒で介護ツールをかんたん比較!

資料・体験版を一括請求する

資料・体験版を一括請求するツールを
お選びください

現在 件の資料が請求リストにあります。