【介護ソフト】眠りスキャンと連携!リスクを減らす分析とは

介護ソフトの選び方

【介護ソフト】眠りスキャンと連携!リスクを減らす分析とは
 
comitaro.jpg

眠りスキャンと介護ソフトと連携するメリットってなに?何の介護ソフトが連携するの?

このような疑問にお答えします。

パラマウントベッド社の眠りスキャンと介護ソフトが連携することにより、記録の質と量が大きく変わります。

眠りスキャンで測定した睡眠・覚醒、呼吸、心拍のデータを元に、介護ソフト側で記録の自動作成をしてくれるため、大幅な時間削減に繋がるだけではなく、利用者状態の分析をすることができます。

この記事を書いているボクは大手介護ソフトメーカーに勤めていましたが、ある介護施設に訪問した時に眠りスキャンと介護ソフトの連携を実際に見せてもらったことがあります。

そのような経験から連携のメリットをご紹介していきたいとおもいます。

※眠りスキャンと連携している介護ソフトは他にもありますが、ケアカルテを例に挙げてご紹介します

介護ソフト比較して一括資料請求
〜本音の口コミが失敗を防ぎます〜
————————————————–

当サイトの記事をお読み頂いても疑問が解決しない場合には、下のボタンから介護ソフトの口コミ比較と一括資料請求をおすすめします。複数の資料比較で「強み」がわかり、本音の口コミ比較で「弱み」がわかります。登録不要・完全無料ですのでお気軽にご利用ください。多くの介護職員が資料請求からスタートしています! 

【無料】一括資料請求はコチラ

眠りスキャンに連携対応しているソフト「CAREKARTE(ケアカルテ)」

富士データシステム社がリリースしている「CAREKARTE(ケアカルテ)」は「眠りスキャン」と連携しています。

ケアカルテは直感的に記録入力ができるソフトですが、使い勝手の良さから多くのユーザーに支持されています。(導入実績は6,000事業所以上)

また、長く使えば使うほど金額面でもお得感がでるため、ソフトの契約更新率は驚異的数字の97%以上です。

「眠りスキャン」とは

「眠りスキャン」はベッドのマットレスの下に敷いたセンサーが体動を検知し、睡眠状態を把握するシステムです。

利用者が寝ているのか、起きているのか、ベッドにいないのか、を全て手に取るように把握することが出来ます。

また、生活リズムや体調の変化をシステムが教えてくれるため、より個人に合わせたサービスを提供することが可能になります。

「眠りスキャン」は利用者の状態を常に監視しているため、職員の負担軽減にも繋がるシステムとなっています。

「CAREKARTE(ケアカルテ)」に連携する最大のメリットは「分析」

「眠りスキャン」のようなベッドセンサーと介護ソフトが連携する最大のメリットは「分析」にあります。

あくまで「眠りスキャン」で感知したデータは睡眠・呼吸・心拍など端的な情報に過ぎませんが、「CAREKARTE」と連携することにより、過去の記録から原因を把握することに繋がります。

例えば、「眠りスキャン」で測定した結果で「Aさんは全然眠ることができなかった」と判明した場合、「CAREKARTE」でケース記録を確認してみましょう。

もしかしたらケース記録に「睡眠ができない」要因が記載されているかもしれません。

さて、図にすると次のようになります。

まずは「眠りスキャン」側で利用者の睡眠状態を把握します。

 

※青が睡眠時、オレンジが覚醒時です。

次に「CAREKARTE」を見てみます。

「眠りスキャン」から情報が取り込まれているため、一覧で分析をすることができます。

上の図のように、「眠りスキャン」で利用者の異常を検知し、その異常の原因を「CAREKARTE」の記録から分析することができます。

もし原因が特定できた場合、対策を立てることができます。

もし原因が特定できなかった場合でも、より注意して利用者のことを見るようになります。

分析した上で対策(警戒)することはリスクを減らすことに繋がります

おわりに

「眠りスキャン」のようなベッドセンサーと「CAREKARTE」のような介護ソフトとの連携は記録を有効活用する上で非常に有効です。

現状では「ただ記録を作成している」事業所は多いと思いますが、記録を有効活用することにより、利用者にとっても職員にとっても安心できる環境を作ることができます。

 【まとめ記事】介護ソフトで後悔しないために読んでほしい記事9選

 介護の人事担当が選ぶおすすめ求人サイトランキング!転職を有利にするには?

介護ソフト比較して一括資料請求
〜本音の口コミが失敗を防ぎます〜
————————————————–

当サイトの記事をお読み頂いても疑問が解決しない場合には、下のボタンから介護ソフトの口コミ比較と一括資料請求をおすすめします。複数の資料比較で「強み」がわかり、本音の口コミ比較で「弱み」がわかります。登録不要・完全無料ですのでお気軽にご利用ください。多くの介護職員が資料請求からスタートしています! 

【無料】一括資料請求はコチラ

この記事の筆者

  • 早坂祐哉

    大学卒業後、大手介護ソフトベンダーに7年間勤務。年間約50法人に介護ソフトを新規販売し、最年少で営業成績1位を獲得。課題抽出から業務改善に関するコンサルティング経験も多数。後に、「介護のテクノロジーを最適化する」という理念のもと(株)GiverLinkを設立し、同メディア「介護のコミミ」を通じ、月間3万人の介護職員に情報発信をしている。

介護のコミミとは初めてご利用される方へ

介護のコミミは介護・福祉業界の介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのシステム/サービスを口コミ比較・資料請求ができるサイトです

「福祉であふれる世界」をコンセプトに介護のコミミは生まれました。超少子高齢社会の日本において、介護・福祉業界の働き手不足は深刻な問題です。また、介護業界は3年に一度、福祉業界は毎年行われる法改正に対応するために事業所の運営を見直す必要があります。そのため、厚生労働省が推進しているように、介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのようなITサービス/システムを導入し介護福祉現場の「業務改善」がなされなければ、働き手不足、法改正などの課題解決は困難です。介護のコミミは介護福祉業界に特化したITサービス/システムを掲載しています。例えばソフト導入時に、100種類以上のソフトから比較検討し、貴社の課題を解決できるのかを確かめることができます。第三者機関として公正公平な立場だからこそ、様々なサービス/システムを選び、無料で、しかも一度に多くの資料を手に入れることができるのは介護のコミミの強みです。日々の業務がお忙しい、介護福祉業界の皆様のために最短で最高のITサービス/システムとのマッチングをサポートさせていただきます。

本音の口コミとソフト/システムランキングがITサービスの価値を「見える化」させます

介護ソフトだけでも80社以上のメーカーが存在し、様々な課題解決ができる事実を知っている方は介護福祉業界では多くありません。コロナ禍で大きく飛躍したITサービス/システムは、きっと貴社の問題をクリアにすることができます。サービス/システムを選ぶ際は、介護のコミミの「本音の口コミ」をご活用ください。日本最大級の口コミ数は、実際の現場で働かれている職員さまからいただいているものです。その口コミをもとにサービス/システムの「ランキング」を作成しております。サービス/システムのミスマッチが起きないように、まずは情報収集のため人気のものを資料請求してみましょう。

60秒で介護ツールをかんたん比較!

資料・体験版を一括請求する

資料・体験版を一括請求するツールを
お選びください

現在 件の資料が請求リストにあります。