介護報酬ファクタリング会社2選!介護ソフトで工数削減

経営・運営

介護報酬ファクタリング会社2選!介護ソフトで工数削減
comitaro.jpg
こみたろう

「事業を立ち上げたばかりで早期の資金調達が必要」
「審査に時間がかからない資金調達手段があればいいのに」
「介護報酬の現金化を早くしたい」

このような悩みや要望を抱えている介護事業者さんは多いのではないでしょうか?

そんなときに活用したいのが、介護報酬ファクタリングです。

融資に比べて審査のハードルが低く、少ない手数料でスピーディーな資金調達が可能。

企業や個人事業主が行う売掛金取引や、医療分野でも活用されているサービスです。

介護ソフトとの連携ができるなどメリットが大きい一方で、デメリットや注意点もあり、しっかりと調べたうえで活用する必要があります。

ここでは、介護報酬ファクタリングサービスの特徴やメリット、デメリット、導入の流れを解説しています。

この記事を読むことで介護ソフトとの連携を行う介護報酬ファクタリング会社についての情報を深めることができるでしょう。

介護ソフト比較して一括資料請求
〜本音の口コミが失敗を防ぎます〜
————————————————–

当サイトの記事をお読み頂いても疑問が解決しない場合には、下のボタンから介護ソフトの口コミ比較と一括資料請求をおすすめします。複数の資料比較で「強み」がわかり、本音の口コミ比較で「弱み」がわかります。登録不要・完全無料ですのでお気軽にご利用ください。多くの介護職員が資料請求からスタートしています! 

【無料】一括資料請求はコチラ

 

 

介護報酬ファクタリングとは

一般的にファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に譲渡して現金化するサービスのことです。

介護事業者は、介護報酬のうち、保険で支払われる90%分の「介護保険給付費」を国民健康保険団体連合会(国保連)に請求し、10%を利用者に請求しています。

介護報酬ファクタリングでは、報酬の90%にあたる売掛金「介護保険給付費」を支払い日より前にファクタリング会社から受け取ることが可能です。

医療業界でも、資金調達の手段として同様のファクタリングが行われています。

 介護保険費が80%、利用者への請求が20%のケースもあります。

介護報酬ファクタリングの特徴

介護報酬ファクタリングの大まかな仕組みは、通常のファクタリングと同じです。

しかし、「手数料」「入金方法」「資金化までの時間」「介護ソフトとの連携」の4点に独自の特徴があります。

なぜなら、介護報酬ファクタリングの場合は、資金を回収する相手が、民間企業ではなく、公法人である国保連だからです。

通常と異なる手続きは必要ですが、多くのメリットもあります。

ここからは、4つのポイントについて、それぞれ具体的に説明していきます。

①手数料

通常のファクタリングを利用する際には、2~20%の手数料が必要ですが、介護報酬ファクタリングの手数料は0.25~1%程度と非常に割安になっています。

なぜなら、介護報酬ファクタリング会社の資金回収先が公法人(国保連)で信頼性が高いからです。

民間企業と比較して倒産などで未回収になるリスクが低いと判断されるため、低い手数料で利用できます。

そのため、手元に多く資金を残すことができる利用しやすいサービスといえるでしょう。

②入金方法

通常のファクタリングでは、資金の全額が一括で前払いされます。

しかし、介護報酬ファクタリングでは、請求の数日後に8割程度、介護保険給付費の支払い確認が取れた後に残りの2割程度が、2度に分けて入金されるのが特徴です。

介護報酬の請求に不備があった場合、国保連より介護保険事業者に返戻が行われるため、請求した介護保険給付費が全額支払われないケースがあります。

返戻があった場合は、2度目に振り込まれる残高の範囲で調整を行うため、2度に分ける必要があるのです。

③資金化までの時間

介護報酬ファクタリングは、「介護事業者」「ファクタリング会社」「国保連」の間で行われる3社間ファクタリングです。

介護事業者は、ファクタリング会社にファクタリングを依頼した後、国保連に対して債権を譲渡した旨を伝えます。

債権譲渡通知が完了した段階で初めて、介護事業者とファクタリング会社は契約を交わすため、通常のファクタリングと比べ時間がかかりがちです。

資金化するまでにはどんなに早くても3日程度必要で、通常のファクタリングのような即日払いは期待できません。

④介護ソフトとの連携が可能

介護ソフトを提供している会社が、介護報酬ファクタリングを手がけている場合があります。

介護ソフトは、請求や口座振替など介護事業者のお金に関する面を支援しているため、介護報酬ファクタリングとの連携がしやすいことがメリットです。

指定の介護ソフトをすでに利用しているなら、連携を行うことによって事務作業を簡略化し、スピーディーな資金調達を行うことが期待できます。

これから介護ソフトを導入する予定があるなら、ファクタリングを利用できるサービスを選ぶことが選択肢の一つです。

介護報酬ファクタリングの利用の流れ

※ケアニュースbyシルバー産業新聞より引用

①介護報酬ファクタリング会社に介護報酬債権を譲渡

介護報酬ファクタリングを利用する場合、介護事業者は介護報酬ファクタリングを手がけている会社に依頼し、介護報酬債権を譲渡します。

また、国保連に対し「介護報酬債権を介護報酬ファクタリング会社に譲渡した」と通知することも必要です。

介護事業者と介護報酬ファクタリング会社が契約を結ぶのは、この通知後となります。

②介護事業者に介護報酬債権の買取額の一部支払い

契約が締結されたら、介護報酬ファクタリング会社は、介護事業者に対し、介護報酬債権の買取可能額の一部を支払う流れです。

通知が必要なため、介護ファクタリングの依頼から支払いまでには最短3日程度は必要となります。

介護ファクタリングサービスを利用する際には、余裕を持ったスケジューリングをしておきましょう。

このとき支払われるのは買取可能額に掛け目を乗じた金額となるため、全額ではありません。

一般的な掛け目は、80%です。

介護報酬ファクタリング会社による審査で、割合が低くなる可能性もあります。

③通常通り国保連に介護報酬を請求

介護事業者が行う手続きは、通常の請求と何ら変わりがありません。

通常通りに、国保連に「介護給付介護給付費請求書」と「介護給付費明細書」を送付して請求を行います。

国保連は、提出された「介護給付介護給付費請求書」と「介護給付費明細書」に不備がないかどうかを、「突合審査」で詳細に確認。

その結果を、「審査支払結果帳票」によって介護事業者に通知します。

審査の結果をもとに、国保連はファクタリング会社に介護報酬保険費を支払います。

しかし、内容に不備があると返戻が行われ、全額が支払われない可能性がある点は注意が必要です。

このことが介護報酬ファクタリングの支払いが2度に分かれる理由となっています。

介護報酬ファクタリング会社は、国保連からの入金を確認し、数日後に介護事業者への支払いを行います。

支払金額は、先に支払われた買取可能額の残りから手数料を引いたものです。

万が一、返戻により国保連から全額が支払われない場合は、2度目の支払い時に金額調整を行います。

介護報酬ファクタリングサービスを利用するメリット

介護報酬ファクタリングは、介護事業者にとってメリットの大きいサービスです。

なかでも、「財政状況の改善」「連帯保証人や担保が不要」「安価な手数料」「審査の通りやすさ」「介護ソフトとの連携」の5つは、特に魅力的なポイントといえるでしょう。

ここからは、5つのメリットについて詳しく説明していきます。

1.財政状況の改善

介護報酬給付費は、通常であれば国保連への請求から約2カ月後に入金されます。

新規で事業を立ち上げたり、新しい事業所を増やしたりする際にも、サービスを提供してから約2カ月間は、介護報酬給付費が入金されない状況で経営を行わなければなりません。

そのため、経営が軌道にのるまで、手元の資金が少ない場合は、資金繰りが厳しくなる可能性があります。

しかし、介護報酬ファクタリングを利用すれば、請求から数日後に1度目の入金となるため、早期に資金調達することが可能です。

介護報酬給付費の早期の入金が可能になることで、財務状況の改善が期待できます。

2.連帯保証人や担保が不要

介護報酬ファクタリングは、介護報酬債権を買い取ってもらう形で資金を調達するものであり、融資ではありません。

そのため、銀行から融資を受けるときのように、担保や連帯保証人は不要です。

これは、介護報酬ファクタリングに限らず、通常のファクタリングにおいても変わりません。

介護報酬ファクタリングの場合は、介護報酬給付費を支払う国保連自体に高い信頼性があり、保証の代わりを果たしているともいえるでしょう。

仮に、連帯保証人や担保を求められた場合は、ファクタリングではない可能性もあるため、注意しましょう。

3.手数料が安い

介護報酬ファクタリングの手数料の相場は、平均1%程度です。

なかには、0.25%という割安の手数料をかかげるファクタリング会社もあります。

一方、一般のファクタリングの手数料は、約2~20%と手数料の幅に大きな差がある傾向です。

手数料が高すぎる場合は、注意が必要ですが、一般のファクタリングの場合、介護報酬ファクタリングのように手数料が1%を切ることはほぼないと考えてよいでしょう。

仮に100万円の資金を調達する場合、介護報酬ファクタリングの手数料が0.8%なら8,000円なので、99万2000円が手元に残ります。

一方、一般のファクタリングの手数料を5%と仮定すると、100万円の資金に対して手数料は5万円となり、手元に残るのは95万円です。

その差は4万2000円と小さなものではありません。

先述したように、介護報酬ファクタリングは、資金回収先が国の機関で、未回収になるリスクが限りなく低いため、手数料が低く設定されています。

一方で、一般のファクタリングの場合、取引先の信用状況がさまざまなため、手数料が比較的高く設定されるのです。

4.審査が通りやすい

介護報酬ファクタリングは、審査が通りやすいことも特徴の一つです。

資金調達をする方法として、多くの人が真っ先に思い浮かべる金融機関からの融資の場合、介護事業者は財務状況を厳しく審査され、状況が悪ければ融資を受けられません。

金融機関にとって融資した資金を返済するのは介護事業者のため、「返済能力があるかどうか」は非常に重要な審査ポイントとなるのです。

一方で、介護報酬ファクタリングの場合、ファクタリング会社は介護事業者に資金を支払いますが、資金の回収自体は国保連から行います。

仮に、契約を交わして資金を支払った介護事業者の経営が悪化し、倒産しても国保連から資金回収ができれば問題ありません。

介護事業者の経営状況は、ファクタリング会社から見るとそこまで重要ではないため、金融機関からの融資と比べると格段に審査が通りやすいといえるでしょう。

国保連は、国の機関のため、倒産する可能性は少なく未回収リスクはきわめて低いです。

5.介護ソフトとの連携が可能

介護ソフトと介護報酬ファクタリングサービスの両方を提供している会社に依頼すれば、介護報酬ファクタリングの利用はより一層便利になります。

介護ソフトには、介護事業者の経営に関するサービスがそろっており、支払いや請求の情報を連携することで介護報酬ファクタリングの手続きを効率化し、スピーディーに行うことが期待できるからです。

介護ソフトの導入を検討しているなら、介護報酬ファクタリングサービスを提供しているかどうかを確認してみるとよいでしょう。

介護報酬ファクタリングサービスを利用するデメリット

介護報酬ファクタリングは、早期に資金を手に入れることができる点で介護事業者にとってメリットが大きいシステムです。

しかし、この「早期に資金を手に入れられる」ことが、デメリットとなる場合もあります。

介護報酬ファクタリングサービスは、介護事業者の立場から見て簡潔に言えば、介護給付費の前払いです。

そもそも、介護ファクタリングで調達可能な資金は、「約2カ月待てば満額を受け取れるお金」ということを冷静に理解しておかなければなりません。

入金時期を前倒しにすることのメリットとデメリットを天秤にかけたうえで、仮にデメリットが上回る場合は、導入の中止や銀行からの融資を検討する必要があるでしょう。

なぜなら、ファクタリングがすべての資金調達に適しているわけではないからです。

介護報酬ファクタリングを行うデメリットとしては、「入金サイクルのずれによる資金の使い過ぎ」「調達できる資金の額」「手数料」の3点が挙げられます。

ここからは、3つのデメリットについて確認していきましょう。

1.1度導入すると使いすぎてしまう

国保連に請求を行う通常の入金方法では、請求から入金まで約2カ月が必要です。

一方で、介護報酬ファクタリングを利用すると、介護報酬保険費の80%程度を請求から数日で手にすることができます。

早期に資金を調達できる点は良いのですが、1度介護報酬ファクタリングを利用すると、次の入金までの日数が空く点について注意しなければなりません。

介護報酬ファクタリングを利用して得た資金をすぐに使ってしまうと、次の入金まで3~4カ月空いてしまう可能性もあります。

2.調達できる資金に限界がある

介護報酬ファクタリングで調達できる資金は、あくまで、介護保険事業者が提供したサービスに対する介護報酬です。

後ほど入金される予定の介護保険給付費を介護ファクタリング会社に前払いしてもらうだけであり、調達できる資金には限界があります。

また、最初に入金されるのは支払い可能額の約80%となるため、一度に多額の資金が必要な場合には向いていない調達方法といえるでしょう。

多額の資金が必要な場合は、金融機関からの融資などを検討する必要があります。

3.手数料がかかる

介護報酬ファクタリングは、手数料が低いサービスですが1%程度の手数料は必要です。

約2カ月後であれば介護報酬を満額受け取ることができるため、安易に利用して利益を減らさないようにしましょう。

また、債権譲渡登記を行う場合は、契約時の内容証明や書留郵便代、振込手数料、印紙代など手数料以外の費用もかかります。

介護報酬ファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社の中には、高額な手数料を請求したり、担保を要求したりする悪質なファクタリング会社もあります。

資金を早期に調達しようとして、悪質なファクタリング会社と契約することがないように注意しましょう。

多くのファクタリング会社は、ホームページでファクタリングの流れについて詳しく説明しているため、口コミなども活用して身長に選定することが必要です。

ここからは、介護報酬ファクタリング会社の上手な選び方と注意点について説明していきます。

1.介護ソフトメーカーのファクタリングサービスを利用する

介護ソフトメーカーの介護報酬ファクタリングサービスは、実績もあり信頼性が高いためおすすめです。

介護ソフトメーカーは、ソフトの開発や提供を通して介護事業者の経営に精通しているため、ニーズを踏まえたより良いサービスを提案できます。

介護ソフトには、入金や請求といったお金の流れが記録されており、介護報酬ファクタリングと介護ソフトを連携させることによって、入力作業を省き業務を効率化できる点も大きなメリットです。

2.手数料の額が不当ではない

介護報酬ファクタリングサービスを利用するときには、手数料が必要です。

手数料の平均は、1%程度のため、明らかに手数料が高い場合は注意が必要です。

また、手数料が低く抑えられていた場合でも、諸経費と称して後からさまざまな費用を上乗せされる場合があります。

上述したように、債権譲渡登記を行う場合は内容証明や書留郵便代、印紙代といった費用が必要な場合がありますが、請求金額が適正かどうかをしっかりとチェックすることも大切です。

契約前に、契約書に条件が正しく記載されているかどうかを確認しておきましょう。

3.契約条件に「融資」と疑われる記載がない

ファクタリングは、融資とは異なります。

融資に必要な連帯保証人や担保は、ファクタリングには必要ありません。

そのため、「担保」「連帯保証人」などの文字が記載されているファクタリング業者の場合は、悪質業者の可能性があると判断しましょう。

特に、担保が必要とされる場合は注意が必要です。

ファクタリングは、調達した資金が負債とならない点が特徴の一つとなります。

一方で、融資は負債となり、担保に抵当権を設定されれば、最悪の場合、担保を失う可能性もあります。

そもそも、ファクタリングと称しているのに融資を疑われるような記載がある時点で、ファクタリング業者として問題があると言わざるを得ません。

介護ソフトと連携可能なファクタリング会社2選!

 

介護ソフトと連携できる介護報酬ファクタリング会社は、主に以下の3つを基準に選定するとよいでしょう。

・介護ソフトに請求・伝送機能がついている
・介護ソフトとファクタリングを提供している会社が同じ
・介護ソフトの導入実績が豊富であり信頼性がある

介護ソフトと介護報酬ファクタリングを連携させることで、国保連に請求書を伝送するだけでなく金融機関やファクタリング会社へ通知がいくように設定することができます。

これにより、事務作業の手間が大きく省くことができるでしょう。

ここからは、おすすめの介護報酬ファクタリング会社を2社紹介していきます。

1.キャンビルネオ

「キャンビルネオ」は、日本ケアコミュニケーションズが提供する介護報酬請求システムです。

顧客管理や介護保険請求、国保連伝送といった介護事業に必要不可欠なサービスを網羅しています。

通所介護計画書や福祉用具個別援助計画書の作成など、事業に合わせたオプションサービスを多数用意している点も特徴です。

クラウド型サービスなので、どこからでも入力や伝送、管理を行うことができ、スタッフ全体に共有することができます。

タブレット記録や、グループホーム向けセットプラン、医療請求ソフトとの連携も可能です。

ファクタリングサービス

日本ケアコミュニケーションズでは、介護報酬ファクタリングサービス「ケアキャッシュイン」を提供しています。

参加費は、初回のみ1万円、月額利用料は3,000円と介護報酬請求額の0.1%です。

手数料は、早期資金額の1%となっています。

請求後から入金されるまでの日数は、約5日で請求額の最大85%の資金化が可能です。

訪問看護療養費や障害福祉サービス向けのファクタリングも提供しています。

2005年からサービスの提供を行っており、累計1,000事業者、利用金額累計1,200億円の実績があります。

毎月の手続きは、国保連への伝送だけで完了します。

※費用は税別

 

2.カイポケ

「カイポケ」は、介護事業者の経営を支援するサービスです。

パソコンやタブレットからログインして利用するクラウド型介護ソフトで、40以上のサービスが用意されています。

資料確認がモバイル上で可能になるため紙資料の管理が不要になり、実施記録や請求書もモバイルで簡単に作成できます。

ケア記録は、自動で実績と連携できるため、転記作業は不要です。

事業所間データの連携や口座振替、経営管理などをデジタル管理でき業務を効率化できます。

初期費用や導入手数料が必要なく、契約期間の縛りもないため、気軽に導入できる点もポイントです。

ファクタリングサービス

「カイポケ」の介護報酬ファクタリングでは、初回手数料5,000円、月額利用料2,000円が必要です。

手数料最大0.8%は、初回に入金される資金にのみかかり、介護保険給付費の支払い確認後に入金される資金にはかかりません。

請求後から入金されるまでの日数は、約5営業日で、80%程度が早期入金されます。

訪問看護療養費や障害福祉サービスでの利用は個別相談が必要です。

また、運営会社は東証1部上場の株式会社エス・エム・エスのため、安心して利用できます。

※費用は税別

まとめ

介護報酬ファクタリングは、信頼できるファクタリング会社を選び、無理のない資金計画の範囲内で利用すれば、財務状況の改善につながります。

なかでも、介護事業者経営の分野で幅広い知識を持つ、介護ソフトメーカーが提供する介護ファクタリングサービスはおすすめです。

介護ソフトとの連携によって、国保連への伝送とファクタリングサービスを連動させ、煩雑な事務作業を削減して業務の効率化を進めることができます。

調達したい金額によっても条件は変わりますが、資金調達で悩んでいる場合は、介護報酬ファクタリングについても検討してみてはいかがでしょうか。

信頼のおける介護報酬ファクタリング会社を選定し早期の資金調達を行って、経営の安定や業務の拡充を図りましょう。

この記事の筆者

  • 介護のコミミ編集部

    介護のコミミにはICTツールに関する情報が多数掲載されています。役に立つ記事も更新してきますので、ブックマーク登録をよろしくお願いいたします。

介護のコミミとは初めてご利用される方へ

介護のコミミは介護・福祉業界の介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのシステム/サービスを口コミ比較・資料請求ができるサイトです

「福祉であふれる世界」をコンセプトに介護のコミミは生まれました。超少子高齢社会の日本において、介護・福祉業界の働き手不足は深刻な問題です。また、介護業界は3年に一度、福祉業界は毎年行われる法改正に対応するために事業所の運営を見直す必要があります。そのため、厚生労働省が推進しているように、介護ソフト・障がい福祉ソフト・介護ロボットのようなITサービス/システムを導入し介護福祉現場の「業務改善」がなされなければ、働き手不足、法改正などの課題解決は困難です。介護のコミミは介護福祉業界に特化したITサービス/システムを掲載しています。例えばソフト導入時に、100種類以上のソフトから比較検討し、貴社の課題を解決できるのかを確かめることができます。第三者機関として公正公平な立場だからこそ、様々なサービス/システムを選び、無料で、しかも一度に多くの資料を手に入れることができるのは介護のコミミの強みです。日々の業務がお忙しい、介護福祉業界の皆様のために最短で最高のITサービス/システムとのマッチングをサポートさせていただきます。

本音の口コミとソフト/システムランキングがITサービスの価値を「見える化」させます

介護ソフトだけでも80社以上のメーカーが存在し、様々な課題解決ができる事実を知っている方は介護福祉業界では多くありません。コロナ禍で大きく飛躍したITサービス/システムは、きっと貴社の問題をクリアにすることができます。サービス/システムを選ぶ際は、介護のコミミの「本音の口コミ」をご活用ください。日本最大級の口コミ数は、実際の現場で働かれている職員さまからいただいているものです。その口コミをもとにサービス/システムの「ランキング」を作成しております。サービス/システムのミスマッチが起きないように、まずは情報収集のため人気のものを資料請求してみましょう。

60秒で介護ツールをかんたん比較!

資料・体験版を一括請求する

資料・体験版を一括請求するツールを
お選びください

現在 件の資料が請求リストにあります。